GPX2AVIの説明

GPX2AVI 画面説明

  1. GPXトラックデータ
  2. プレビュー画面
  3. 設定項目
    映像サイズ設定
    マップ設定
    ルート表示設定
    マーク表示設定
    情報表示設定タグについて
    動画出力設定
    プリセット
  4. 画像・動画保存

 

GPXトラックデータ

トラックデータ・タブ

GPX2AVI トラックデータタブ

  1. GPXファイルを読み込むと、この場所に詳細が表示されます。
  2. [トラック情報]ボタンで、読み込み済みのGPXファイルの情報を表示します。
  3. [逆ジオコード]ボタンで、逆ジオコード・ダイアログを開きます。
    逆ジオコード・ダイアログでは、トラック情報の全てのポイントの逆ジオコードを実行します。
  4. [GPXファイルを開く]ボタンでGPXファイルを読み込みます。
    読み込めるGPXのファイルの長さは24時間までとなっています。

 

ウェイポイント・タブ

地図上の特別な場所に目印や文字を入れることができるのがウェイポイントです。
位置の指定は北緯・東経で指定して作成できます。
ポイントは最大50個まで追加できます。

GPX2AVI ウェイポイントタブ

  1. ウェイポイント一覧が表示されます。
  2. 編集・追加・順序移動・削除のボタンでウェイポイントのデータを編集します。
  3. [トラックから]ボタンを使うと、トラックデータで一定速度以下で一定以上の時間が経過した場所を特定してウェイポイント化できます。
  4. [保存]ボタンで編集したウェイポイントをファイルに保存します。
  5. [読み込み]ボタンで保存しておいたウェイポイントを読み込みます。

※各種画像指定の注意点
Adobe Photoshopで書き出したPNGファイルを指定すると、何故か表示が崩れる場合があります。
原因は分かりませんが、表示がおかしい場合はPhotoshop以外の編集ソフトでコンバートして試して見て下さい。

 

プレビュー画面

GPX2AVI プレビュー画面

  1. プレビュー画像
  2. ズームレベル
  3. フレーム・トラックバー
  4. フレーム移動ボタン
    [<][>]1フレーム移動
    [<<][>>]10フレーム移動
  5. フレーム番号表示
    選択フレーム番号 / 総フレーム番号 [GPXトラック時間]

 

設定項目

映像サイズ設定

映像サイズ設定画面

映像のサイズをピクセル単位で指定します。
最小128×128から最大512×512までの間で、8ピクセル単位で指定することができます。

背景色の指定は、マップ表示をしない時の背景塗りつぶしに使用されます。

マップ設定

GPX2AVIでは動画を出力する前に、あらかじめマップ画像をタイルマップサーバーからダウンロードして保存しておく必要があります。

GPX2AVI マップ設定画面

  1. マップの動作の指定
  2. ズームレベルの指定
  3. マップ画像の取得先サーバーの選択
  4.  読み込み済みのトラックデータを動画化する際に
    必要なマップ画像数、既にダウンロードしてあるマップ画像数、未ダウンロードのマップ画像枚数
    を表示しています。
  5. [ダウンロード済みのマップ画像を削除]ボタン
  6. [必要なマップ画像をダウンロード]ボタン

※マップ画像は1枚256×256ピクセルの画像です。

ルート表示設定

走行の軌跡の表示を設定できます。

GPX2AVI ルート表示設定画面

  1. 「全ルート表示」はトラックデータ全ての軌跡を表示します
  2. 「通過後のルート表示」はスタート位置から現在地までの軌跡を表示します。
  3. 「通貨前のルート表示」は現在地からエンド位置までの軌跡を表示します。

マーク表示設定

GPX2AVI マーク表示設定

  1. スタート位置に目印の画像を表示
  2. エンド位置に目印の画像を表示
  3. 現在地表示
    現在地の画像指定(最大100×100px、画像の中心が現在地)と、移動方向による描画処理を指定します。
  4. 地図のズームレベルに合わせたスケールを表示

※各種画像指定の注意点
Adobe Photoshopで書き出したPNGファイルを指定すると、何故か表示が崩れる場合があります。
原因は分かりませんが、表示がおかしい場合はPhotoshop以外の編集ソフトでコンバートして試して見て下さい。

情報表示設定

映像の四隅を基点にして、それぞれに表示する情報をタグで指定できます。

情報表示設定

  1. 表示位置を選択します。
  2. 表示内容にテキストで表示したい情報を編集します。
  3. 表示可能タグ
    表示したい情報を押して、4の追加ボタンをクリックしてタグを追加します。
  4. [追加]ボタン
  5. 余白の指定
    表示の基点からの縦・横の余白をピクセル数で指定できます。
    表示位置が左上であれば、左上からの余白
    表示位置が右下であれば、右下からの余白となります。
  6. フォント指定
    情報を表示するときのフォントや色を指定します。
    (表示位置に対して1つのフォントを指定します。)

タグについて

タグは { } で囲んで指定します。
数値の情報には、タグ名の後を : (コロン)や , (コンマ)で区切り、カスタム書式を指定することが可能です。

例)
{Odo:000.00} は、積算距離を整数部が3桁(最低3桁で3桁以下の場合は0で埋める)、少数部は2桁で表示します。
{Temp:0.0} は、気温を整数部が1桁(最低1桁)、小数部も1桁で表示します。

その他、基本的には .NET Frameworkのカスタム書式フォーマットが利用できます。

情報内容 タグ名 備考
日時 DT

日時の表示には書式指定が必須です。
タグ名の後を:で区切り、続けて " " で内容を囲んで指定します。
例){DT:"yyyy/M/d"}

yyyy = 西暦(4桁)
yy = 西暦(2桁)
M = 月
d = 日
H = 時間(24時間)
mm = 分(2桁)
ss = 秒(2桁)
その他、.NET Frameworkの日付書式が利用できます。
参考)http://dobon.net/vb/dotnet/string/datetimeformat.html#section5

積算距離 Odo スタート位置からの走行距離を表示します。
移動速度 Speed 移動速度は、GPXの位置と時間から割り出しています。
高度 Ele GPXファイルに高度情報が有る場合に有効です。
勾配 Grade 勾配は、GPXの位置情報と高度情報から割り出しています。
気温 Temp GPXファイルに気温情報が有る場合に有効です。
地名 Address 逆ジオコードで割り出した住所情報を表示します。
北緯 Lat  
東経 Lon  

 

動画出力設定

動画を保存する際のフレームレート、スピード、AVIファイルの圧縮に利用するコーデックの選択ができます。

GPX2AVI 動画出力設定画面

  1. フレームレートの指定は1秒間に表示する画像の枚数(FPS)で指定します。
    1、2、5、10、15、25、30、50、60の固定値の中からいずれかを選びます。
  2. スピードは動画内の経過スピードです。
    例)
    フレームレート10で10倍だと、1フレームでトラックデータ1秒分進むことになります。
    フレームレート30で10倍だと、3フレームでトラックデータ1秒分進むことになります。
  3. 圧縮からAVI保存するコーデックを選びます。
    コーデックは、PCにインストールされているコーデックをリストアップしていますが、リストに表示されていても当アプリでは使えない場合があります。(最悪アプリが落ちたりしますが、仕様です)
    ちなみに、お勧めのコーデックは、有料の物ですがアマレコのAMV4やAMV2が可逆圧縮が出来たり圧縮速度が速かったりと割と良い感じだと思います。

プリセット 保存・読み込み

全設定(映像サイズ設定、マップ設定、ルート表示設定、マーク表示設定、情報表示設定、動画出力設定)をまとめて保存・読込ができます。

尚、GPX2AVIの、起動時にはGPX2AVI.exeと同じフォルダー内のsetting.xmlファイルが読み込まれ、終了時にも同様にsetting.xmlファイルに書き込まれます。
プリセット保存時にはこのファイルに上書きしないように注意して下さい。

 

画像・動画保存

動画保存

指定されたトラックデータと、各種設定された内容で、動画をエンコードしながら保存します。
出力されるファイルは、1つ約1Gバイトを上限としています。
動画ファイルの長さが約1Gバイトを超えると、複数のファイルに分割して出力されます。
ファイル名には(n)が付加されます。

 

画像保存

プレビュー画面に表示されている画像を、PNGファイルとして保存します。

 

逆ジオコード

usoinfoさんの日本国内緯度経度住所コンバータ(逆ジオコーディング)を利用した住所変換を行い、情報表示で現在地の住所表示が行えます。

逆ジオコードを行うには、逆ジオコーダー Windowsアプリケーション版をインストールし、インストールフォルダに生成されたurgcoderlib.dllurgcdata.binの2つのファイルを、GPX2AVI.exeと同じフォルダーにコピーして下さい。その後、GPX2AVIを再起動すると利用可能となります。
 

 

 


公開日:

太陽の塔
太陽の塔

先日、大阪・吹田にある万博公園に行ってきました。 48年ぶりに一

潮岬観光タワー
今年もあそこでソロキャンプ

今年もまた、ゴールデンウィークにあそこのキャンプ場へ行って来ました

星のブランコ
雨だけど紅葉見に行ってきました

2017年11月29日 晴れていたら自転車で行こうと思ってたので

Zhiyun Smooth-Q
ジンバル買ったのでハイキングに行ってきた

最近、スマートフォン用の3軸電子制御スタビライザー、所謂ジンバルと

ビーム リラックスグリップ グレイ/ブラック
ESCAPE RX3 グリップ交換

ESCAPE RX3のグリップを交換した。 新しく購入したグリッ

PAGE TOP ↑