Garmin買ったよ

公開日: メモ |

Garmin eTrex30

先日、前々から欲しかったGarminを買いました。
モデルは eTrex30 の英語版です。

購入はWiggleで24329円でした。
国内Amazonだと29000円程度で売られているので、かなりお買い得でした。


 

Garmin - eTrex30
eTrex30 外箱

DSC02075
パカッ!

DSC02079
マニュアル類
(沢山あるように見えるけど、内容同じで多言語なだけ)

付属品はマニュアルの他にminiUSBケーブルが付いてくる。
eTrexはmicroUSBじゃなくてminiUSB。
電池やSDカードは付いて無いので、別途用意する必要がある。

 

比較

今回GPS端末を買うにあたり、GPSログ機能、GPSセンサーの感度、気圧高度計の機能の3点を重視しました。
日本企業のGPS端末も検討したのですがこれらを満たす端末は無くて、やっぱり買うならみんなが使ってるGarminだよねー、と言うことで

で、Garminの中でも機能的に近いOregon450とeTrex30のどちらかが良いなと迷ったので、機能の差を表にして比較。
あと、ついでにeTrex20も・・・

  eTrex20 eTrex30 Oregon450
寸法 (横x縦x厚) 5.4x10.3x3.3cm 5.8 x 11.4 x 3.5 cm
ディスプレー(横x縦) 対角2.2インチ(5.6cm) 対角3インチ(7.6 cm)
解像度 176x220ピクセル 240 x 400 ピクセル
ディスプレイタイプ 半透過性 65,000色 カラーTFT 半透過型カラー TFT タッチスクリーン
重量 148g電池込 147g(192.7g電池込)
電池 単三乾電池2本(未同梱)ニッケル水素/リチウム推奨 
稼働時間 約25時間(GRONASS受信時は減少) 16 時間
防水性 日常生活防水(IEC60529 IPX 7 standards) 対応(IPX7)
浮水性 非対応
高感度GPSチップ 対応(GLONASS対応)  対応
インターフェース USBマスストレージ(USB 2.0) 高速 USB および NMEA 0183 互換
電子コンパス 非対応 対応(3軸コンパス)
気圧高度計 非対応 対応
自動ルート探索 対応(該当オプション地図利用時)
ジオキャッシング 対応
カスタム地図の互換性 対応 (BirdsEye™)
潮汐予報 対応
面積計算 対応
カスタムPOI 対応
イメージビューアー 対応
ユニット間通信 非対応 対応
Garmin Connect 互換性 対応
日本Amazonでの価格 約19000円程 約29000円程 約25000円程

こうして見てみると、Oregon450との主な違いは

  • 液晶の大きさ
  • タッチパネル
  • 電池での駆動時間
  • GRONASSの対応

ってことが挙げられる。

Oregonには、液晶の大きさでとても惹かれたのだけれど、駆動時間とGRONASSの対応でeTrexを選びました。
あとeTrexは物理キーってのもポイント。

しかし、後から知ったのですが、eTrexもOregonもUSB給電に対応してる。
サイクリングの時は、だいたいスマホ用にモバイルバッテリーを持ち歩いてるので、それをGarminに繋げば良い話なので、電池での駆動時間は大した問題では無かったかなと。

タッチパネルも、冬場は手袋するし物理キーの方がいいだろうなと思ってたのだけれど、実際に手袋して操作を試してみると、案外使いづらかったり・・・

結局、優位なのはGRONASS対応だけと・・・まいいやw
 

 

買ってみて分かったこと

まだ、お試し程度にしか使ってないのですが、気付いたこと。

  • 画面は思ってた以上に見やすい
  • 電池が無くてもUSB給電で動作可能
  • 画面が消せない/ボタンのロックが出来ない
  • GPSの電波捕捉は流石Garmin

なかでも画面OFFとボタンのロック機能は欲しかった。
地図はスマホのGoogleMapのほうが圧倒的に見やすいので、地図はスマホで見て、Garminはログ取り専用でリュックの中にしまっておいて・・・と思ってたのですが、リュックの中でガーミンが動くと、バックライトが点きっ放しになったり、要らない操作をしてしまったりと、なにか対策を考えないとちょっと難しいかな。

あと、GarminのGPS感度は室内でも捕捉されるくらい高感度で嬉しい。
スマホではありえない位に高感度。

img00042
これは、僕の部屋の中でのGPS情報
部屋の中でこれですよ!

 

と、とりあえず今の感想はこんな感じです。

最近、雨が続いていてまだサイクリングには行ってないので、まだ実際に試してはいないのですが、早く実戦で使いたいなぁ・・・

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SPDペダル PD-M540

少し前に購入した、SHIMANOのビンディングペダル PD-M540   PD

記事を読む

Garmin eTrex30の設定メモ

 何かの拍子に間違って設定を初期化してしまって、 そしたら前に設定したことが思い出せず以

記事を読む

びわ湖一周サイクリング認定証が届いた

申し込んでいたビワイチの認定証が先日(10月29日)ようやく届いた。 印刷されている紙は、びわ

記事を読む

心拍センサーとケイデンスセンサー

普段走るのに必要は無いのですが、GPX2AVIに心拍数やケイデンス数も表示できるようになれば面白

記事を読む

ESCAPE RX3にパニアバッグを取り付ける

ESCAPE RX3に、オーストリッチのパニアバッグ(P-225)を取り付けました。 キャリア

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Maker御用達 とても便利な電子部分テスター LCR-T4

先日、LCR-T4と言う電子部品のテスターを買いました。 日本の

no image
Ender-3 プリント終了を音で知らせる

Ender-3はスピーカーが標準で搭載されている。 ダイアルをプッシ

Ender-3 auto bed leveling

Ender-3で、Auto Bed Leveling(ABL)に挑戦し

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

PAGE TOP ↑