サイクリング 京都・日吉ダム・大野ダム巡り(1日目)

img00438 
京都の日吉ダム・大野ダムへ、ダムカードをゲットする為に行って来ました。
結構なロングライドになるので、2日間かけてのサイクリング。

一日目は、京都市内のネカフェに向けての移動のみです。



1日目のルート。

淀川沿いは夕方走ると今の時期虫が酷いだろうなと考えて、今回は第二京阪沿いを走りました。

 

img00433
近畿道(中央環状線)と第二京阪の交差するあたりのジャンクション

 

img00435
夜6時半にしてこの人通りの無さ・・・
とても寂しい。

 

img00436
第二京阪沿いの自転車道は小さいアップダウンが多くて意外と辛い。
信号にもよく引っかかるし、やっぱり淀川沿いを走るほうが良かったかなと、途中から後悔しはじめるw

 

img00437
どこだっけここ?
あんまり写真撮ってなかったので、とりあえず賑やかしに載せておくか・・・

 

img00438
で、本日の目的地のネカフェ『快活CLUB 京都南インター店』
(夜撮り忘れたので、朝出発時の写真)

 

自転車旅行時にネカフェに泊まると言うこと

ニコ生の自転車車載配信とかを見てると、時々ネットカフェに泊まる人がいて、前々から興味がありました。

ネットカフェは宿泊施設では無いものの、小さいながらもプライベートスペースが確保できて、横になって眠ることができる。 PC使い放題だし、ドリンク飲み放題だし、快活CLUB(一部の店舗)の話に限るとソフトクリームも食べ放題で糖分補給に有り難い。 そんな場所。

一応僕にとって重要なのが電子機器の充電。 スマホやヘッドライト、GPSのバッテリーと、充電したい物が日を追うごとに増える。 それらがネカフェなら寝てる間に充電できる。 ただ、残念なことに店によっては電気のコンセントが使えないところも有るらしい。 出来ればそんな店は避けたいのだけれど、コンセントが使えるかどうかは事前の情報が無くて結構困りものだ・・・

でも、まぁ、これだけ出来て8時間パックで1500円(土日祝+100円)の値段は、僕みたいな貧乏人にはとても有り難いw

そんなこんなで、この日、予てから興味の有ったネカフェ泊を決行してみることにしました。

泊まってみた感想はと言うと・・・

とても眠れない

でしたw

今回通されたブースが、通路の真横で、しかもドリンクバーの近くで、人がひっきりなしに通って、うとうとして寝かかっては起こされ、寝かかっては起こされを繰り返し、とても眠れる状況ではありませんでした。 休日とあってか普段よりも人が多かったのもあるのかな? 友達同士できて喋り倒してる人も多いし、あと、店内の照明も明るく、BGMも大きい、とにかく眠れる要素が一つも無かったorz

一応言っておくと、実は僕は生まれてこの方ネカフェと言う場所に行ったことがありませんで、今回ネカフェ泊決行の前に、近所のネカフェに偵察に行ったのですが、その時は平日で人も少なく、店内も薄暗いし、BGMも気になる事は無かったので、ここならなんとか眠れるかなと思ったのですが・・・

今回泊まったお店が特に酷かっただけなのかも?と言うことで、もう1,2回はネカフェ泊に挑戦してみようかと思ってます。 毎回こんな感じなら、ネカフェ泊は無しで・・・

 

と言う訳で、1日目は移動しただけで、こんなもん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

鴻池新田会所に行ってきました

先日、東大阪の鴻池新田にある鴻池新田会所と言う所へ行ってきました。 鴻池新田会所は、その昔この

記事を読む

サイクリング 一庫ダム・箕面昆虫館・万博公園

2013年11月16日(土)晴れ時々曇り 一庫(ひとくら)ダム、箕面川(みのおがわ)ダムのダム

記事を読む

しまなみ海道サイクリング(1日目)

  2015年10月23日(金)晴れ しまなみ海道とは本州(広島県尾道市)と四国(愛媛

記事を読む

サイクリング 摂津峡

11月15日(土) 晴れ時々曇り 大阪は高槻市にある摂津峡と言うところへ紅葉を見にサイクリング

記事を読む

サイクリング 十三峠~葡萄坂~JR八尾

今回はESCAPE RX3にサイドバッグを取り付けた時の乗り心地を確かめるべく、大阪と奈良を結ぶ

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 ケースファンの回転問題とABSプリント対策

Ender-3のコントローラー基板が格納されているケースには、熱を

Ender-3 Vスロットのプーリーの摩耗が激しいので調整

ふと見るとX軸のVスロットのプーリー(ローラー、タイヤ)に筋が入っ

格安3Dプリンター Creality Ender-3

最近、2台目となる3Dプリンターを買いました。 買ったのは、サイ

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換え

PAGE TOP ↑