サイクリング 狭山池ダム

狭山池ダム・ダムカード

今回もまた新たなダムカードを入手するサイクリングに出かけました。

目的のダムカードは狭山池ダムのカードで、ここのカードは富田林土木事務所と狭山池博物館の2箇所で貰える。 土木事務所は平日のみなので、今回は狭山池博物館が目的地と言うことになる。

で、狭山池博物館は閉館は17:00なのだけれど、入館は16:30までとなっている。
今回出発したのが14:30、距離は20km程、いつもの僕のアベレージは10km程・・・下手すると入館できないかも!これは急がねば!

いつもの悪い癖・・・もう少し早く出発するつもりだったのだけれど、なんだかんだとだらだらして出発が遅れてしまった。



今回のルート

僕の住む東大阪から狭山池までは片道約20kmの距離で、所要時間は約1時間20分でした。
アベレージ14km/hも出ていて、僕にしてはかなりのハイペース・・・

 

img00480
今回は諸事情によりGPSログはeTrex30では無くて、スマホで記録しました。 なのでログの高度は誤差が大きい。 と言っても、eTrexもそれほど正確では無いのだけれど・・・

eTrexを入手するまではこんな感じでサイクリングをしていたのですが、eTrexに慣れるとスマホは大きすぎてサイコンも見難いしですごく邪魔だなぁw

 

img00477
吉野家 中央環状線巨摩橋店(14:30)
今回のGPSログのスタート地点

 

南海高野線狭山駅
南海高野線狭山駅

 

狭山池北
狭山池に到着(15:50)
予想より早く着いたので、安心した。
この時間なら余裕で博物館に着ける。

 

狭山池博物館前
狭山池博物館前交差点

今回の目的地『狭山池博物館』
この博物館でダムカードが貰えるはず、だけど入り口が見つからないw

 

狭山池博物館
狭山池博物館

どうもこれが狭山池博物館らしい、だけど入り口が見つからないw

 

img00487
結局、道路からの入り口が分からなかったので、ここに自転車を停めて徒歩で入り口を探すことにした・・・

 

狭山池博物館・入り口
狭山池博物館・入り口
やっと入り口らしい所へ到着。

 

狭山池博物館

 

狭山池博物館
来るときに道路から見ていた建物の反対側、どこにも窓が一切無くてちょっと不気味・・・

 

狭山池博物館
エレベーターを使って3Fから1Fへ降りると、水の壁が目の前に現れた。
夏場だとかなり気持ち良さそうな場所です。

 

狭山池博物館

 

狭山池博物館
そして、いざ狭山池博物館の中へ・・・(16:15)
入り口探すのに迷ってしまって、結構時間がかかったw

 

狭山池ダム・ダムカード
入り口を入ってすぐにある受付でダムカードを頂く。
受付ですぐに貰えたので、入館の制限時間(16:30)に拘らなくても閉館時間までに来れば大丈夫っぽかった。

 

狭山池博物館・アンケート用紙
受付のお姉さんがキレイな方で、満面の笑みで「アンケートもお願いします」なんて言われたので、二つ返事で「いいですよぉ」なんてねw

 

狭山池博物館

狭山池博物館

img00510

博物館の中は思ってた以上に人が多かったし、思ってた以上にしっかりと展示物がありました。
入場無料なので、興味の有る方は是非どうぞ!
狭山池の歴史が勉強できます。

大阪府立狭山池博物館

 

狭山池博物館
帰り際、夕日の狭山池

 

この後、来た道をそのまま引き返して帰りました。
そう言えば博物館だけ行って、ダムは見ずに帰ってきてしまった・・・ま、良いかw

東大阪からだと片道20km往復40km。 僕みたいに巡航速度が遅い人間でも、昼過ぎに出発しても夕方には帰ってこられる距離なので、ゆっくりポタリングに丁度良いコース。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイクリング 水呑地蔵(十三峠)~朝護孫子寺~葡萄坂

2013年12月8日(日)曇り時々晴れ 以前走った十三峠のルートそのままに、途中の水呑地蔵と朝

記事を読む

サイクリング 石見銀山

2016年11月4日 山陰の旅2日目は、島根県の石見銀山を自転車で走りました。 サイクリング

記事を読む

サイクリング 大阪渡船巡り

2014年6月15日(日)晴れ 大阪には川を渡してくれる船が市によって運営されている場所があり

記事を読む

小豆島ソロキャンプ・ツーリング(2日目)

2016年9月25日(日) 一泊二日で巡る小豆島ソロキャンプツーリングの二日目です。 前日は

記事を読む

しまなみ海道サイクリング(1日目)

  2015年10月23日(金)晴れ しまなみ海道とは本州(広島県尾道市)と四国(愛媛

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換え

BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの

12V電源

中古のWii用のアダプタが12V電源に良いと言う噂をききつけて買ってみ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測

PAGE TOP ↑