ミノウラのクランプ2種

公開日: メモ

minoura-clamp

ミノウラのクランプ2種類を比べてみました。

右側の物は、スペースマウント SM-2229
左側の物は、アルミクランプ LW-STD

img00415
アルミクランプは、もともとこいつ(スペースグリップ SGS-400)に付いてたのを外して使っています。


 

重量

先ずは重さから

img00402
スペースマウントは49g

img00401
アルミクランプは25g

アルミクランプの方がスペースマウントに比べて約半分の重さ。
 

各所のサイズ

img00403
適当ですがノギスで測ってみました。

 

img00408 img00409
img00411 img00410

 本当に適当なので、あまり正確な情報では無いです。
(小さくて見難いですが、クリックすると大きな画像が表示されます。)

アルミクランプの方は各所が薄く細くなっているので、強度不足の懸念があるので、ネジの締めすぎには注意したい所です。

その分アルミクランプの方が、若干コンパクトではあるのですが、そこは思っていた程ではありませんでした。
(ちょっと期待しすぎてて、結局付けたいところに付かなかったと言うオチなのですがw)

特にクランプの幅はあまり変わりが無いので・・・スペースマウントが17.8mmなのに対し、アルミクランプは16.8mmと1mmしか差が無い。

あと、クランプ部分から上部の台座までの高さが、若干違ってる。
スペースマウントは片側のクランプが出っ張ってるので実質23.2mmなのに対し、アルミクランプは18.6mm。
約4.6mmアルミクランプの方が下がることになる。

 

結局

img00413

思ってた所に取り付けられなかったので、クランプ部分を外して前に作ったGarminホルダー用に使うことにしました。
ホルダーにGarminをつけると、大きく飛びしていたのが少しハンドルに近づくので丁度いいです。
あと、工具が無いと外せなくなるのも、盗難されにくくなるので良いかなと。

 

img00414

それにしても、ミノウラのクランプにはお世話になりすぎ(笑)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ESCAPE RX3にリアキャリアを取り付けてみた

以前に買った、TIOGAのリアキャリアをGiant ESCAPE RX3に取り付けてみました。

記事を読む

初めてのドリンクボトル

自転車用のドリンクボトルを初めて買ってみました。 買ったのは、モンベルのアクティブボトルと言う

記事を読む

Giant Escape RX3

まずは私の乗ってる自転車の紹介   私の乗っている自転車は、GIANT ESCAPE

記事を読む

Wiggleで買い物した話

  Wiggleとは、イギリスにある自転車用品の通販会社です。 同様の会社として、Ch

記事を読む

IDIOM1のコラムをカットした話

以前からハンドルのステムから上の付きだしてる部分が気になってて、切りたいなと思っていました。

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換え

BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの

12V電源

中古のWii用のアダプタが12V電源に良いと言う噂をききつけて買ってみ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測

PAGE TOP ↑