ミノウラのクランプ2種

公開日: メモ

minoura-clamp

ミノウラのクランプ2種類を比べてみました。

右側の物は、スペースマウント SM-2229
左側の物は、アルミクランプ LW-STD

img00415
アルミクランプは、もともとこいつ(スペースグリップ SGS-400)に付いてたのを外して使っています。


 

重量

先ずは重さから

img00402
スペースマウントは49g

img00401
アルミクランプは25g

アルミクランプの方がスペースマウントに比べて約半分の重さ。
 

各所のサイズ

img00403
適当ですがノギスで測ってみました。

 

img00408 img00409
img00411 img00410

 本当に適当なので、あまり正確な情報では無いです。
(小さくて見難いですが、クリックすると大きな画像が表示されます。)

アルミクランプの方は各所が薄く細くなっているので、強度不足の懸念があるので、ネジの締めすぎには注意したい所です。

その分アルミクランプの方が、若干コンパクトではあるのですが、そこは思っていた程ではありませんでした。
(ちょっと期待しすぎてて、結局付けたいところに付かなかったと言うオチなのですがw)

特にクランプの幅はあまり変わりが無いので・・・スペースマウントが17.8mmなのに対し、アルミクランプは16.8mmと1mmしか差が無い。

あと、クランプ部分から上部の台座までの高さが、若干違ってる。
スペースマウントは片側のクランプが出っ張ってるので実質23.2mmなのに対し、アルミクランプは18.6mm。
約4.6mmアルミクランプの方が下がることになる。

 

結局

img00413

思ってた所に取り付けられなかったので、クランプ部分を外して前に作ったGarminホルダー用に使うことにしました。
ホルダーにGarminをつけると、大きく飛びしていたのが少しハンドルに近づくので丁度いいです。
あと、工具が無いと外せなくなるのも、盗難されにくくなるので良いかなと。

 

img00414

それにしても、ミノウラのクランプにはお世話になりすぎ(笑)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オーストリッチ パニアバッグ(P-225)

話は前後しますが、先日の淡路島ソロキャンプ・サイクリング用にオーストリッチのパニアバッグ P-2

記事を読む

タープを買ったので試し張りに行ってきた

この秋はキャンプに行きまくろうと思い、日よけ雨よけ用にタープを買いました。 買ったのは、モンベ

記事を読む

ESCAPE RX3のタイヤチューブについて

Escape RX3はディープホイール・・・と言う程では無いのですが、リムの高さが高い。 リム

記事を読む

Garmin eTrex30が壊れた話とWiggleに返品した話

購入以来、とても気に入って使っていたGarmin eTrex30なのですが、残念なことに壊れまし

記事を読む

シュワルベマラソンに謎の膨らみ

ある日気づくと自転車のタイヤ(シュワルベ マラソン)のサイドウォールに謎の膨らみが出来ていました

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑