GoProに64GBメディア

公開日: メモ |

microSDカード

GoPro用に64GBのSDカードを買ってみた。

他でSDカードが必要になったので、今までGoPro用に使ってた32GBのSDカードをそちらに回して、GoPro用には新たに64GBのメディアを買うことにした。

今まで使ってたのは32GB。32GBから64GBに容量が倍になれば録画時間も倍になる。
走行中に容量切れになってメディア交換するのは意外と面倒なので、このメリットは大きい。
あと、屋外でのメディア交換は、風に飛ばされて紛失のリスクがあるので、交換回数はやはり少ない方が良いです。

 

Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応

microSDカード

買ったのはこれ、トランセンドのTS64GUSDU1E
赤と黒のツートンカラーがカッコいい。
Amazonで3880円でした。

Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応  – Amazon

 

GoProの録画時間

GoPro 録画時間

いつもだいたい1080p – 30FPSで撮ってるのですが、9時間弱メディア交換無しで撮影し続けられます。
これだけの時間メディア無交換で走れるのはかなりの利点です。 

画面サイズ FPS 記録可能時間
32GB 64GB
1080p 60 2h41m (161分) 5h24m(324分)
30 4h23m (263分) 8h47m(527分)
960p 60 4h23m (263分) 8h47m(527分)
30 4h23m (263分) 8h47m(527分)
720p 120 2h41m (161分) 5h24m(324分)
60 4h23m (263分) 8h47m(527分)
30 4h23m (263分) 8h47m(527分)
WVGA 120 3h20m (200分) 6h41m(401分)
60 4h23m (263分) 8h47m(527分)

 

しかし、相変わらずサイズ落としても時間増えないのが解せない・・・

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

心拍センサーとケイデンスセンサー

普段走るのに必要は無いのですが、GPX2AVIに心拍数やケイデンス数も表示できるようになれば面白

記事を読む

ESCAPE RX3の純正サイドスタンド

実は、自転車の購入時に、一緒にGIANT純正のサイドスタンドも買ったのですが、今までは輪行を考慮

記事を読む

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく、他の方が作り方公開されている

記事を読む

ESCAPE RX3にリアキャリアを取り付けてみた

以前に買った、TIOGAのリアキャリアをGiant ESCAPE RX3に取り付けてみました。

記事を読む

IDIOM1にリアキャリアを取り付けてみた

GIANT IDIOM 1にリアキャリアを取り付けてみました。 これからの暑い季節、背中にリュ

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑