サイクリング 2回目のビワイチ

公開日: サイクリング |

ビワイチ

11月8日(土)くもり時々晴れ

1年ぶり2回目の琵琶湖一周のサイクリングに行ってきました。
前回行った時は北湖だけだったので、今回は南湖も回ることを目標にビワイチしました。

また、今回も「びわ湖一周サイクリング認定証」を貰うためにチェックポイントに立ち寄っています。
チェックポイントは前回は全てのポイントでチェックしましたが、今回は認定証の最低条件である4箇所のみとしました。

参考リンク)びわ湖一周サイクリング 輪の国びわ湖

 

走行ルート

2014/11/8 ビワイチ – ルートラボ
距離 185.9km 所要時間 12時間19分 平均速度 15km/h

琵琶湖の南の端をどこで折り返すかが問題なのですが、あまり何も考えずに1号線沿いの瀬田川大橋で折り返してしまいました。

帰ってきてから分かったのですが、多くの人はもう少し南の瀬田唐橋まで行って折り返しているようです。
そして、琵琶湖全周と言うにはさらに南の南郷洗堰まで行かないといけないとか・・・

やっちまいましたorz

 

写真レポート

 

ビワイチ
スタート(5:30)

到着した時、月がとても綺麗に見えていたのですが、自転車を組み立てている間に雲の間に隠れてしまった・・・残念><

 

ビエリ守山
今年もやってきましたピエリ守山(6:20)

 

ビワイチ

 

彦根港
琵琶湖一周認定のチェックポイントとして立ち寄った彦根港(8:50)

 

長浜城
長浜城(9:30)

 

道の駅 湖北みずどりステーション
沢山のサイクリストが集う「道の駅 湖北みずどりステーション」(10:10)

 

道の駅 しんあさひ風車村
前回訪れた時、辺りは既に真っ暗だった「道の駅 しんあさひ風車村」(13:20)

 

ビワイチ

 

琵琶湖大橋
琵琶湖大橋に到着して、これで北湖は終了(15:30)

 

大津港
薄暗くなった大津港には豪華な遊覧船が停泊していました(17:00)

 

瀬田川大橋
瀬田川大橋で折り返す(17:30)

 

ビワイチ ゴール
ゴール(17:50)

とにかく疲れました。
疲れすぎててせっかくゴールしたのに、こんな写真しか残ってませんでしたw

琵琶湖全周と言う目標のほかに、明るいうちにゴールしたいと言う目標もあったのですが、やっぱり暗くなってしまいました。
もう少し早く走れれば良いのですが、太ももがパンパンになるくらいには頑張ったものの、この有様でございます。
まぁ、しょうがないです。
来年もまた頑張ります!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイクリング 和歌山市~水ときらめき紀の川館~御所駅

7月27日(日)晴れのち雨 前日、和歌山市内のネカフェで一夜を明かしたサイクリング2日目。(1

記事を読む

淡路島一周 ソロキャンプ・サイクリング(1日目)

9月20日(土)くもり キャンプ道具を携えて、淡路島を一周(アワイチ)してきました。 多くの

記事を読む

今年もあそこでソロキャンプ

今年もまた、ゴールデンウィークにあそこのキャンプ場へ行って来ました。 実は(いつものことだけど

記事を読む

IDIOM1でホットサンドサイクリング

梅雨の最中の晴れ間、また外で食事をするサイクリングに出かけました。 今回のお昼は、ホットサンドメー

記事を読む

サイクリング ビワイチ行って来ました

(琵琶湖大橋にて) 9月に2回ある連休の最初の3連休。 休みの後半は台風が来るというので、初

記事を読む

Comment (2件)

  1. ひでさん

    フルビワイチおめでとうございます!

    私も先日、北湖のみ回ってきました。(10時間かかりました)

    やはりこの時期は日没が早いので大変ですね。来春くらいに私もフルビワイチしたいです。

    1. ふたば

      いつもご覧頂きありがとうございます。
      ひでさんもビワイチ行かれてたんですね。お疲れ様でした。
      実は、ビワイチから帰って来てからひでさんのHP見て「あ、内容かぶってるやん!」って思ってましたw

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 ケースファンの回転問題とABSプリント対策

Ender-3のコントローラー基板が格納されているケースには、熱を

Ender-3 Vスロットのプーリーの摩耗が激しいので調整

ふと見るとX軸のVスロットのプーリー(ローラー、タイヤ)に筋が入っ

格安3Dプリンター Creality Ender-3

最近、2台目となる3Dプリンターを買いました。 買ったのは、サイ

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換え

PAGE TOP ↑