ガーミン、ゴープロ、カメラのハンドルバーマウント作成

公開日: 3Dプリンタ | ,

Garminハンドルバーマウント

今度はCATEYEのハンドルバーマウントのパーツを作ってみました。
作りたかったのはGarmin eTrex用のハンドルバーマウントだったのですが、これまたついでにゴープロとカメラの三脚ネジ用のアダプターも作りました。

GoProハンドルバーマウント

カメラのハンドルバーマウント

 

CATEYE Nフレックスタイト

CATEYE Nフレックスタイト

CATEYEのライトを買うとだいたいついてくるハンドルバーマウント。
フレックスタイトと言う名前らしいです。
型番はH-34N(533-8827N)
対応パイプ径は22~32mm

キャットアイ(CAT EYE) #533-8827 Nフレックスタイト [ライト用ブラケット] MODEL H-34 – Amazon

CATEYE Nフレックスタイト

今回はこれのライトマウント部分を取り外して、3Dプリンターで出力したパーツを取り付けます。

 

Garmin用

Garmin用パーツ

Garmin用のパーツはM4のナットを保持するだけのパーツとして、本体のマウントはGarmin純正のハンドルバーマウントを使います。

Garmin ハンドルバーマウントブラケット map62/Colorado/Oregon用 1102300 – Amazon

Garminハンドルバーマウント

まず、3DプリントしたパーツにM4ナットをはめ込み、CATEYEのフレックスタイトに取り付け、その後Garmin純正ハンドルバーマウントをM4ナベネジで取り付けて出来上がり。
(Garmin純正のハンドルバーマウントに付いているゴムは、上からドライバー等で突くと外れます。)

Garminハンドルバーマウント

Garminのハンドルバーマウントは、以前にミノウラのマウントを使って作った物を今まで使っていたのですが、それよりも僅かですが軽くなり、背も低くなってなかなか良い感じに仕上がりました。

 

GoPro用

GoPro用パーツ

GoPro用のパーツはこの様な形

GoProハンドルバーマウント

プリントしてネジでとめて出来上がり

GoProハンドルバーマウント

 

カメラの三脚ネジ用

カメラ用パーツ

カメラのハンドルバーマウント

カメラのハンドルバーマウント

若干、やっつけ仕事ぎみ・・・
ABS樹脂でいつもプリントしていますが、台座となる部分が滑って回転しやすいので、間にゴムシートでも挟んだ方が良いと思います。

 

3Dデータ

以上、今回も3DプリンターのデータをThingiverseにアップしておりますので、興味があればどうぞ

https://www.thingiverse.com/thing:977725

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Ender-3 ケースファンの回転問題とABSプリント対策

Ender-3のコントローラー基板が格納されているケースには、熱を逃す為のファンが付いています。

記事を読む

Garmin etrexデスクトップスタンドとクイックマウント

愛用しているGarmin eTrexのデスクトップ用のスタンドと、ベルクロ(マジックテープ・面フ

記事を読む

3DプリンタをBluetooth接続化してみた

RepRapのwikiページを見ていると、RAMPSのボードにBluetoothモジュールを接続

記事を読む

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドストップから光学式(オプティカル)

記事を読む

THETA 紐式リモートレリーズ

RICOH THETA用の紐式のリモートレリーズを3Dプリンターで作ってみました。 紐を引っ張

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑