GoProマウントを作ってみた

公開日: 3Dプリンタ | ,

GoProマウント

3Dプリンタを使って自転車にGoProを取り付ける為のマウントを作ってみました。
上の画像は、Autodesk 123D Designでのデザインしたマウントの画像です。

123D Designは3Dプリンタ用に特化したCADソフトで、
あの馬鹿高いAutocadで有名なAutodeskのソフトですが、これはなんと無料で利用できます。
ありがたや、ありがたや。

123D Design – Autodesk

ちなみに、123D Designの使い方はDMM.makeで公開されているYoutube動画を見て勉強しました。

123DDeignでつくる、3D CADコース | 動画でマスターする、3Dデータのつくり方 – DMM3Dプリント

 

GoProマウント

そして、123D Designで作った物をBS01+で出力したのがこちらです。
このマウントの写真右側部分にGoProを取り付けます。
で、反対側をどうやって自転車に取り付けるかと言うと・・・

実は、これを直接自転車に取り付けるのでは無くて、CATEYEのライト用ブラケットを使って自転車に取り付けます。

 

CATEYE CFB-100

CATEYE CFB-100

CATEYE CFB-100

CATEYE CFB-100は、自転車のフロントフォークのキャリパーブレーキ取り付け部分に、同社製のライト取り付ける為のブラケットです。

キャットアイ CFB-100 センターフォークブラケット – Amazon

CATEYE CFB-100

今回はこのCBF-100のライト取り付け部分を、 3DプリントしたGoProマウントに取り替えて利用します。

GoProマウント

ちなみに、取り付け用のボルトも変更しています。
(M6-30mmのトラスネジと、蝶ナット)
でも、この部分は基本動かさないので、蝶ナットとかは要らないかも

 

自転車に取り付け

ESCAPE RX3 キャリパーブレーキ取り付けボルト穴

私の愛車ESCAPE RX3はVブレーキ仕様でキャリパーブレーキでは無いのですが、幸いなことにフロントフォークにはキャリパーブレーキ取り付け用のボルト穴が空いています。

GoProマウント取り付けネジ

CFB-100には取り付け用のボルトは付属していないので、M6-50mmトラスネジと蝶ナットを別途購入しました。
50mmの長さでぴったりなのですが、もうちょっと長い方が取り付け作業がやりやすいように思います。

 

GoProマウント

GoProマウント

こんな感じでGoProを自転車に取り付けることができました。
わりとがっちりと固定されていて、走行中の振動も比較的少なく、満足の行く出来栄えに仕上がりました。

 

GoProマウント

ちなみに、タイヤにとても近い位置でのマウントなので、きちんと角度を調整しないと高速で回転するタイヤが映りこんでしまいますw

 

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バカ殿マウント?

今回もまた3Dプリンターでの製作です。 自転車用ヘルメットにカメラをマウントするパーツを作りま

記事を読む

Garmin etrexデスクトップスタンドとクイックマウント

愛用しているGarmin eTrexのデスクトップ用のスタンドと、ベルクロ(マジックテープ・面フ

記事を読む

BS01+ チューブの外し方

久しぶりに、BS01のノズル内を清掃でもしてみようかと思い立ったのですが、久しぶりすぎてチューブを継

記事を読む

THETA 紐式リモートレリーズ

RICOH THETA用の紐式のリモートレリーズを3Dプリンターで作ってみました。 紐を引っ張

記事を読む

3DプリンタをBluetooth接続化してみた

RepRapのwikiページを見ていると、RAMPSのボードにBluetoothモジュールを接続

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換え

BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの

12V電源

中古のWii用のアダプタが12V電源に良いと言う噂をききつけて買ってみ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測

PAGE TOP ↑