3Dプリンタ、冬支度

公開日: 3Dプリンタ

今年は11月に入っても暖かい日が続いていて、ここ数日でやっと平年並みに気温が下がりましたね。

しかし、気温が下がって困るのが3Dプリンタです。
私の持っている3Dプリンタは温度を高くして軟らかくなった樹脂を塗り重ねて造形するタイプの物なのですが、低い気温によって樹脂が急激に冷えると、意図しない反りが出たり最悪は割れてしまったりします。
そこで、低温が苦手な3Dプリンタに、プラスチック・ダンボール(プラダン)を使って保温ボックスを作ってみました。

プラダン保温箱

プラダンは90cm×45cmの物を3枚、半分に切って45cm×45cmの大きさで使用。
前の扉部分はさらに3分割して開けやすくしています。

プラダンをジョイントしている部品は3Dプリンタで出力しました。
Corrugated Plastic Housing for 3D Printers (joint parts) by CyberCyclist – Thingiverse

 

プラダン保温箱

部屋の電気を消して前の蓋を閉じると、ちょっとしたインテリアライトになります。(なりません)

 

さて、私が3Dプリンタを手に入れたのは5月で、まだ冬場での3Dプリント未経験。
これでなんとか越冬できれば良いのですが、実際どうなるでしょうか・・・

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Ender-3 Vスロットのプーリーの摩耗が激しいので調整

ふと見るとX軸のVスロットのプーリー(ローラー、タイヤ)に筋が入っていました。 え?と思って、

記事を読む

3DプリンタをBluetooth接続化してみた

RepRapのwikiページを見ていると、RAMPSのボードにBluetoothモジュールを接続

記事を読む

Ender-3 cable pillar

Ender-3のホットエンドのケーブルを固定する支柱となる部品を作ってみました。  

記事を読む

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドストップから光学式(オプティカル)

記事を読む

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル)を入れて3Dプリントします。

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑