ナイトハイクに行ってきた

公開日: ウォーキング

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

いきなり去年の話ではありますが、先日夜のハイキング(ナイトハイク)に行ってみました。

実は私、最近ハイキングに興味があって、山へ良く行っています。
とは言っても、行き先は枚岡公園(生駒山の麓)周辺ばかりで、他へはまだ行ったことは無いのですが・・・
ここ数ヶ月毎週末は枚岡公園と言う頻度で行きまくっている感じです。

毎週末行っていると、枚岡公園から生駒山へのだいたいの道は一通り通っていて、同じ道を何度も通るのも何なので、ちょっと趣を変えて夜間に登ってみようか、と言うことで行ってきました。
ちなみに、一人です。

 

ナイトハイク
枚岡神社の脇を抜けて少し上ったところ。
日が沈みかけていますが、この時間ではまだまだ明るいです。

 

ナイトハイク
枚岡山展望台に到着
ここから夕陽を見られればよかったのですが、一足違いで沈んでしまいました・・・残念

 

ナイトハイク
夕陽が沈んだ後は、一気に暗くなって、真っ暗な中ライト片手に登りました。
(尚、丸い輪郭はライトの照射範囲です。)

ちなみに持って行ったライトはAmazonで買ったCVLIFE YF-01と言うライトです。

 

ナイトハイク
なるかわ休憩所
昼は自由に中に入って休憩できるのですが、夜ともなるとシャッターが下ろされていて中には入れませんでした。
ま、入ったからと言ってもイスとテーブルぐらいしか有りませんが。

 

ナイトハイク
なるかわ休憩所の前にあるトイレ

ハイキングコースに何箇所かあるトイレは全て明々と照明が灯っていました。
ありがたいです。真っ暗だと中に入るのも躊躇すると言うものですから。

 

ナイトハイク
ただの東屋も、真っ暗な中では結構不気味な感じ・・・

枚岡公園のハイキングコースは、昼間は割りと人が多く、挨拶するのが面倒な時が多々あるのですが、日が暮れてからは一変して人とは一人もすれ違いませんでした。

 

ナイトハイク
流石に山の中、ライトを消すと真っ暗闇。
ライトの光が届かない場所も真っ暗闇。
階段を振り返ると吸い込まれそう。

こんな場所を一人で歩いていると心細いです・・・

 

ナイトハイク
ここまで来ると目的地までもう少し。

 

ナイトハイク
そして、本日の目的地「ぼくらの広場」 にある展望台に到着しました。
この場所が大阪を一番広範囲に見下ろすことができる場所だと思います(たぶん)。

 

ナイトハイク
とても綺麗な夜景が広がっていましたが、こうやって写真で見るとあまり大したことないな・・・ここからの景色の素晴らしさは行ったことのある人だけが見られると言うことですね。

十分に堪能したあと、来た道をそのまま引き返して帰りました。
ちなみに、枚岡神社を出発したのは16:40頃で、戻ったのが19:50頃。
約3時間で登って降りて来ました。

 

と言うわけで、これが私の初めてのナイトハイクでした。
(次があるかどうかは分からないw)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジンバル買ったのでハイキングに行ってきた

最近、スマートフォン用の3軸電子制御スタビライザー、所謂ジンバルと言うものを買いました。 スマ

記事を読む

旧国鉄福知山線の廃線跡を歩く

2017年10月9日 先日購入したトレッキングブーツを早く履いてみたくて、早速ハイキングに出か

記事を読む

雨だけど紅葉見に行ってきました

2017年11月29日 晴れていたら自転車で行こうと思ってたのですが、生憎の雨。 出かけるの

記事を読む

二上山登ってきました

2016年8月28日 二上山(にじょうざん)を登ってきました。 二上山は大阪と奈良を跨ぐ高さ

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑