FABOOL Laser Mini用ケース作成

公開日: レーザー加工機 |

FABOOL Laser Mini用ケース
FABOOL Laser Mini用のケースを自作しました。

純正の安全ケースは結構良いお値段がするのでクラウドファンディングでは購入を見送ったのですが、実際にレーザー加工していると煙が思ってたより酷く、また焦げた臭いが部屋中に染みつきます。
外から帰ってくるとよくわかるんですw
このままでは健康的にも不安がつのるので、煙を排気できるケースを早急に作ることにしました。

 

ケース

ケースの壁は、MDF2.5mmの板をプラのアングルでつなぎ合わせて作りました。

MDF2.5mmの板は、近所のホームセンターで1820*910サイズの物が500円程で売られていました。
それをホームセンターの木材カットサービスで切ってもらい、カット料合わせても800円程で購入することができました。

プラのアングルは3mで400円程の物を2本使いました。

そして、排気用のパイプは流し台用の排水ホースを利用しています。

トータルなんだかんだで5000~6000円程かかった計算です。

FABOOL Laser Mini用ケース
FABOOL本体は小さいのに、作ったケースが思いの外巨大になってしまって、かなりの存在感・・・ってかはっきり言って邪魔w
 

排気用ダクト

FABOOL Laser Mini用ケース
排気用に2つのファンを取り付けました。

 

台所流し台の排水ホース
排気用のダクトは、流し台用の排水ホースを利用しています。

流し排水栓ホース(ネジ付) 1m PH62A-860S-1 – Amazon

 

台所流し台の排水ホース
この排水ホースの先にはアダプターが付属していて、これを利用してケースの側面にネジ止めしました。

 

排気用ファン

排気用ファン

ファンの取り付けには、ケースの壁材と同じMDF2.5mmの板をFABOOLでカットしてブラケットを作成しました。
排水アダプターを挟み込む形でネジ止めできるようになっています。
ファンのサイズは50mm、電圧は12V、数年前に買ったもので値段は忘れました。

ちなみに、FABOOL Laser Miniの3.5Wだと、「F200 – 100% *3回でMDF2.5mmが切れる」と言うツイートを見かけて、その通りやったら綺麗に切れました。

 

と言うわけで、こうして出来上がった煙排気用ケース。
加工中のレーザーを直接見ないと言うより、排気を重要に考えましたが・・・

パイプは排水用の物で径が細く1本では心許ないので2本設置したのですが、思ってた程には煙を吸い込んでくれません(´・ω・`)
もうすこし改良できればいいなとは思うのですが、どうすれば吸い込みが良くなるか分かりません。

とは言え、このケースでもあるのと無いのとでは大違いで、室内での煙や臭いはかなり軽減できています。
なので、しばらくはこれで行こうと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

レーザー加工機を使ってプリント基板を作りました

ある日、YouTubeを見てると、レーザー加工機を使ってプリント基板(PCB)を作る方法が紹介さ

記事を読む

ミニアームライトを作りました

小さい折りたたみテーブルの上で使えるようなスタンドライトが欲しいなと思い、小さなアームライト

記事を読む

FABOOL Laser Mini 組み付け精度チェック

FABOOL用の精度チェックデータが公開されていたので試してみました。 公開されているデータは

記事を読む

[FABOOL Laser Mini]位置決めしやすいように(その3)

位置決めをしやすいように、今度はレーザーカッターのヘッドにラインタイプのレーザーポインタを取り付

記事を読む

[FABOOL Laser mini]加工ベッドについて

加工ベッドは純正品も販売されていますが、私はこれも手作りで安く済ませています。 なので、今回は

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑