FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように

公開日: レーザー加工機 |

FABOOL Laser Mini

FABOOLのレーザー加工のソフトには、加工の範囲を確認するための「境界確認」と言う機能があります。
これは加工の範囲の左上から右下の四角をヘッド(レーザーユニット)が移動して「この範囲を加工するよ」と教えてくれる機能なのですが、ヘッドにはカバーが付いていて位置が漠然としていまいち分かづらいです。

これが少しでも分かりやすくなるかなと、カバーに印を付けてみることにしました。

 

 

FABOOL Laser Mini
クロスヘアーを描く

適当に印を付けたのではあまり意味が無いので、実際にレーザーで十字を描き、ヘッドをその中心へ移動させる。

※追記:クロスラインを刻印するスクリプトを作りました。
[FLM3.5]クロスライン刻印スクリプト

 

 

ステッカーシート
あらかじめ、印用に100均一で買ったステッカーシートに3角を切り抜いておく。

 

FABOOL Laser Mini
印用の三角ステッカーを、クロスラインに合わせて貼り付けて出来上がり。

 

FABOOL Laser Mini

良く見ると微妙に位置がずれちゃってますね。
でも実は何度もやりなおした結果がこれですw
位置を合わせるの難しいです・・・

ま、あくまでも目安だと思ってるので、とりあえずこれでOKと・・・

 

実際使ってみると、この印があるだけで、だいぶと加工位置がイメージしやすくなりました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

FABOOL Software パラメーターの数値

前回の「FABOOL Software パラメーターの順番」で、私がどのように加工の順番を指定し

記事を読む

[FABOOL Laser Mini]レーザーポインタ(その2)

部屋を掃除していると、昔aitendoで買ったレーザーポインターが出てきました。  

記事を読む

クラウドファンディングで初支援してみた話

先日、「FABOOL Laser Mini」と言うレーザー加工機がクラウドファンディングを通じて

記事を読む

FABOOL Laser Miniの精度(分解能)

FABOOL Laser Miniの精度(分解能)ってどのくらいなのだろう? 前回、ベルトテンショ

記事を読む

レーザー加工機で簡易シルクスクリーン印刷

前回紹介したマスキングテープのカットを利用して、簡易的なシルクスクリーン印刷に挑戦してみました。

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑