FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように(その2)

公開日: レーザー加工機 |

FABOOL Laser Mini

前回、FABOOL Laser Miniの加工の位置決めをしやすいように、ヘッドのカバーにレーザーが通る位置の印を付けて、かなり位置決めしやすくなりました。

こんどはさらに目盛り付きの紙を貼り付けてもっと位置決めがしやすいようにしてみました。

 

画用紙をカット

目盛り付きの紙ももちろんFABOOL Laser Miniで切り出しました。
紙は、ダイソーで買った色画用紙。
ちょっと厚めの紙ですが、3.5Wのレーザーだとスパスパ切れます。気持ちいいです。
しかし、目盛りもレーザーで刻印したので、意図せず目盛りが切れてしまって大変でしたw

 

FABOOL Laser Mini

今度こそ、正確に貼り付けよう・・・頑張ったけど、やっぱりずれてしまいます。
目盛りを貼り付けてわかったのですが、レーザー自体もケースのセンターからだいぶとずれてるのが分かりました。

 

FABOOL Laser Mini

カバーの右手前の角の位置がだいたい分かったので、そこに十字を打ってみた。
うん、だいたい合ってる。

 

クッキー

と言うわけで、クッキーに刻印してみた。
クッキーぐらいの大きさであれば、狙って刻印するのも難しく無いですね。

ちなみに、レーザーで焼き印付けたこのクッキーは、食べるととても苦かったです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[FABOOL Laser Mini]高さ調節できる下駄を作ってみました

久しぶりのレーザー加工機のネタです。 FABOOL Laser Miniの本体の脚はそれぞれ1

記事を読む

[FABOOL Laser Mini]境界確認スクリプト

すこし前に公開したクロスライン刻印スクリプトに続いて、今度は境界確認スクリプトを作ってみました。

記事を読む

FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように

FABOOLのレーザー加工のソフトには、加工の範囲を確認するための「境界確認」と言う機能がありま

記事を読む

FABOOL Laser Miniの精度(分解能)

FABOOL Laser Miniの精度(分解能)ってどのくらいなのだろう? 前回、ベルトテンショ

記事を読む

ミニアームライトを作りました

小さい折りたたみテーブルの上で使えるようなスタンドライトが欲しいなと思い、小さなアームライト

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑