FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように(その2)

公開日: レーザー加工機 |

FABOOL Laser Mini

前回、FABOOL Laser Miniの加工の位置決めをしやすいように、ヘッドのカバーにレーザーが通る位置の印を付けて、かなり位置決めしやすくなりました。

こんどはさらに目盛り付きの紙を貼り付けてもっと位置決めがしやすいようにしてみました。

 

画用紙をカット

目盛り付きの紙ももちろんFABOOL Laser Miniで切り出しました。
紙は、ダイソーで買った色画用紙。
ちょっと厚めの紙ですが、3.5Wのレーザーだとスパスパ切れます。気持ちいいです。
しかし、目盛りもレーザーで刻印したので、意図せず目盛りが切れてしまって大変でしたw

 

FABOOL Laser Mini

今度こそ、正確に貼り付けよう・・・頑張ったけど、やっぱりずれてしまいます。
目盛りを貼り付けてわかったのですが、レーザー自体もケースのセンターからだいぶとずれてるのが分かりました。

 

FABOOL Laser Mini

カバーの右手前の角の位置がだいたい分かったので、そこに十字を打ってみた。
うん、だいたい合ってる。

 

クッキー

と言うわけで、クッキーに刻印してみた。
クッキーぐらいの大きさであれば、狙って刻印するのも難しく無いですね。

ちなみに、レーザーで焼き印付けたこのクッキーは、食べるととても苦かったです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[FABOOL Laser Mini]境界確認スクリプト

すこし前に公開したクロスライン刻印スクリプトに続いて、今度は境界確認スクリプトを作ってみました。

記事を読む

FABOOL Laser Mini用ケース作成

FABOOL Laser Mini用のケースを自作しました。 純正の安全ケースは結構良いお値段

記事を読む

レーザー加工機でマスキングテープをカット

マスキングテープをPCでデザインして好きな形にカットできれば、塗装用のマスクに使えて面白いんじゃない

記事を読む

クラウドファンディングで初支援してみた話

先日、「FABOOL Laser Mini」と言うレーザー加工機がクラウドファンディングを通じて

記事を読む

[FABOOL Laser Mini]クロスライン刻印スクリプト

FABOOL Laser Miniでクロスライン(クロスヘアー)を刻印するスクリプト

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換え

BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの

12V電源

中古のWii用のアダプタが12V電源に良いと言う噂をききつけて買ってみ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測

PAGE TOP ↑