小豆島ソロキャンプ・ツーリング(2日目)

田井浜キャンプ場

2016年9月25日(日)

一泊二日で巡る小豆島ソロキャンプツーリングの二日目です。
前日は島の南部の道を走りましたが、今日は島の中心にある寒霞渓と北部の道を走りました。

前日分のレポートはこちら

 

走行ルート


2016/9/25 小豆島ソロキャンプ・サイクリング(二日目) – ルートラボ
距離 56.8km 所要時間 8時間48分 平均速度 6.4km/h

二日目の目的地は、寒霞渓→殿川ダム→吉田ダムで最後に福田港から姫路へ帰ります。

  

写真

田井浜キャンプ場
田井浜キャンプ場

この日は朝4時頃に起床し、食事の準備を始めました。

前日は早くに寝たのですが、風が強いせいで途中何度も目を覚ましました。
テントのペグ打ちをサボったのもあって、テントが飛ばされないかととても心配だったせいもあります。

なお、朝食はたらこスパゲティを作り、それと余っていた菓子パンを食べました。

 

田井浜キャンプ場
田井浜キャンプ場(6:50)

テントや何やらを撤収して出発したのは朝の7時前でした。
4時に起きたのにゆっくりしすぎですねw

出発前に天気予報を確認すると、「所により雷雨」とか表示されてる。
この日の予定は寒霞渓を登ることだったのですが、どうしようかと悩む。
足に若干の筋肉痛もあるし、いっそこのまま福田港に向かおうかと弱気になりながら・・・

ま、でもせっかくなのでとりあえず寒霞渓を目指すことにしました。

 

キャンプ場の猫

猫に見送られながら出発。
夕べテントの周りで食べ物を狙ってた猫達はみな痩せ形だったのが、この猫は幾分ふっくらしてる感じがする。

 

寒霞渓への道中
寒霞渓への道中(8:00)

朝の天気予報は何だったのか?ってくらい天気が良くなりました。

 

寒霞渓ロープウェイ 山頂駅
寒霞渓ロープウェイ 山頂駅(9:10)

寒霞渓のロープウェイ乗り場は標高600m程。
登るのに2時間以上かかってなんとかここまでこれました。

 

寒霞渓
寒霞渓

 

寒霞渓からの景色
寒霞渓からの景色

寒霞渓のロープウェイ乗り場の近くの展望台からは、島の南側が見渡せました。

 

大観望
大観望(10:30)

次に訪れたのが、寒霞渓からさらに百数十メートル高い所にある四方指園地の大観望と言う所。

 

大観望からの眺め
大観望からの眺め

写真では伝わりづらいですが、寒霞渓の展望台よりもより広範囲に見渡せて良い眺めでした。

 

四方指展望台
四方指展望台

すぐ近くには変わったデザインの展望台がありました。
上からは四方をぐるりと見渡せ、遠く、本州や四国まで見えました。
この日は雲が多く、遠くはかすんで良く見えないので、写真は割愛。

 

小豆島スカイラインからの景色
小豆島スカイラインからの景色(11:00)

四方指展望台を後にして、小豆島スカイラインを西に下り、次は殿川ダムに向かっている途中。

 

殿川ダム
殿川ダム(11:40)

小豆島スカイラインの途中から少しショートカットして殿川ダムに到着

 

殿川ダムのダムカード
殿川ダムのダムカード

 

こまめ食堂
こまめ食堂(12:00)

事前の計画で、寄ってみようかなと思っていたこまめ食堂。
ちょうどお昼時で大混雑してました。
辺りにはお肉を焼いたような香ばしい香りが漂っていて、とても迷いましたが、あきらめて先を急ぐことに・・・

 

中山千枚田
中山千枚田

ちなみに、こまめ食堂があったこの辺りは棚田が広がっていました。
中山千枚田と言う場所らしいです。
下から写真を撮ってもいまいちよく分からないのですが、上に登り直す気力も無く・・・

 

採石場
採石場(14:10)

一気に進んで、島の北側の海岸沿いの道。
良く見ると採石場のようです。
凄い採掘をするもんだなぁ

 

吉田ダム
吉田ダム(15:00)

そして、小豆島のサイクリング最後の目的地の吉田ダムに着きました。

 

吉田ダムのダムカード
吉田ダムのダムカード

 

船のチケット
船のチケット(15:30)

吉田ダムを後にして、福田港に到着すると、船の乗り込みがちょうど始まっていました。
17時台のフェリーに乗るつもりでゆっくり走ってきたつもりが、まさか15時台の便に間に合うとは思って無くて、慌てて乗り込む。

 

船からの福田港
船からの福田港

帰りの船内はそこそこ混雑していて船内の座席は全て埋まってしまってました。
しょうがないので外のデッキ席に座っていたのですが、だんだんと体が冷えて来てとても寒かった。

慌てて船に乗ったせいで、服装も半袖半パンのせいもあります。
自転車には長袖・長ズボンが積んであるのに、船の運航中は車両デッキに入れないので、取りに行けない。
慌てて乗り込むもんじゃないな(´・ω・`)
着替えくらい取り出しておけばよかったと思っても後のまつり・・・

 

姫路上陸
姫路上陸(17:30)

 

姫路ポートセンター
姫路ポートセンター

約2時間の船旅が終わり、本州へ上陸。
これから自転車を車に積んで大阪までドライブ(下道)。
帰りは少し渋滞していて4時間程かかりましたが、夜10時頃自宅に着きました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイクリング 十三峠~葡萄坂~JR八尾

今回はESCAPE RX3にサイドバッグを取り付けた時の乗り心地を確かめるべく、大阪と奈良を結ぶ

記事を読む

淡路島一周 ソロキャンプ・サイクリング(1日目)

9月20日(土)くもり キャンプ道具を携えて、淡路島を一周(アワイチ)してきました。 多くの

記事を読む

IDIOM1でホットサンドサイクリング

梅雨の最中の晴れ間、また外で食事をするサイクリングに出かけました。 今回のお昼は、ホットサンドメー

記事を読む

サイクリング 和歌山市~水ときらめき紀の川館~御所駅

7月27日(日)晴れのち雨 前日、和歌山市内のネカフェで一夜を明かしたサイクリング2日目。(1

記事を読む

ダムカード収集サイクリング

2016年2月11日(木)晴れ 久しぶりのサイクリング。 目的地は現在建設中の安威川ダムへ

記事を読む

Comment (2件)

  1. ひでさん

    とうとう小豆島も制覇ですか!

    やはりテントがあると自由度も大きくなりますよね。重い荷物を積んでこの標高まで登れるなんて体力ありますね!

    1. ふたば

      コメントありがとうございます。
      制覇と言うと大層ですが、小豆島行ってきました。
      とても良いところで、お勧めです。
      だけどテント泊は微妙かも・・・やっぱり荷物の重さには堪えましたw

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑