[FABOOL Laser Mini]クロスライン刻印スクリプト

公開日: レーザー加工機 |

クロスヘアー刻印

FABOOL Laser Miniでクロスライン(クロスヘアー)を刻印するスクリプトを作ってみました。
このスクリプトでは、クロスラインを刻印した後、その中心へレーザーヘッドを移動して終了します。

 

使い方

  1. FABOOL Laser MiniをPCに接続して実行の準備をしておく
  2. 数値入力
    クロスラインの中心となる位置、クロスラインの縦横の大きさ、ヘッドの移動速度、刻印時のレーザー強度をそれぞれ入力します。
  3. [実行]ボタンを押す

実行すると、別ページが開きます。開いたページはすぐに閉じて構いません。

"__ok__" と表示されれば正常終了(クロスラインの描画が始まっているはず)
"serial disconnected" と表示されれば、FABOOL Laser Miniが接続されていない状態

404 NotFound等でページが正常に開かれなければFABOOL Laserのドライバーがインストールされていない可能性があります。

 

スクリプト

中心 X
mm
中心 Y
mm

サイズ X
mm
サイズ Y
mm

スピード
レーザー強度
%
 

※このスクリプトを実行してなんらかの不具合が発生しても当方は責任を持ちません。実行は各自の責任でお願い致します。


GCode



 

クロスヘアー刻印

このように、最後にレーザーヘッドはクロスラインの中心、縦と横の線の交わる場所で停止するので、ラインの位置をレーザーヘッドにマークすれば、位置決めをする目安になると思います。

FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように
[FLM3.5] 位置決めしやすいように(その2)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

FABOOL Laser Miniがやってきた

すこし前にクラウドファンディングで申し込んでいたレーザー加工機「FABOOL Laser Min

記事を読む

ミニアームライトを作りました

小さい折りたたみテーブルの上で使えるようなスタンドライトが欲しいなと思い、小さなアームライト

記事を読む

[FABOOL Laser Mini]位置決めしやすいように(その3)

位置決めをしやすいように、今度はレーザーカッターのヘッドにラインタイプのレーザーポインタを取り付

記事を読む

[FABOOL Laser mini]加工ベッドについて

加工ベッドは純正品も販売されていますが、私はこれも手作りで安く済ませています。 なので、今回は

記事を読む

タブレットスタンドを作りました

レーザーカッター(FABOOL Laser Mini)を使ってタブレットスタンドを作ってみました

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換え

BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの

12V電源

中古のWii用のアダプタが12V電源に良いと言う噂をききつけて買ってみ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測

PAGE TOP ↑