[FABOOL Laser Mini]境界確認スクリプト

公開日: レーザー加工機 |

すこし前に公開したクロスライン刻印スクリプトに続いて、今度は境界確認スクリプトを作ってみました。

 

境界確認ボタン

境界確認でレーザーのヘッドを移動させてその位置を確認する機能は、位置合わせに必須なのですが、公式のFABOOL Softwareでの境界確認は、移動速度が速くて四角の確認がいまいちやりにくいです。

そこで、このスクリプトでは、もう少し低速で移動させたり、左上・右上・左下・右下それぞれの角でヘッドを停止させたりが出来るように作りました。

 

使い方

  1. FABOOL Softwareで加工用のファイルをインポートする。
  2. FABOOL Softwareの数値をスクリプトに入力する
    FABOOL Softwareの数値欄
    FABOOLSoftwareの移動のXYをこのスクリプトの始点XYへ、
    FABOOLSoftwareの拡大の幅と高さをサイズのXYへ入力します。
    尚、回転には対応していません。
  3. FABOOL Laser MiniをPCに接続して実行の準備する
  4. スクリプトのボタンを押して境界を確認

実行すると、別ページが開きます。開いたページはすぐに閉じて構いません。連続して操作する場合は、開いたページをそのまま放置しておいて、このページに戻ってくると便利。

"__ok__" と表示されれば正常終了(クロスラインの描画が始まっているはず)
"serial disconnected" と表示されれば、FABOOL Laser Miniが接続されていない状態

404 NotFound等でページが正常に開かれなければFABOOL Laserのドライバーがインストールされていない可能性があります。

スクリプト

始点 X
mm
始点 Y
mm

サイズ X
mm
サイズ Y
mm

スピード
 

※このスクリプトを実行してなんらかの不具合が発生しても当方は責任を持ちません。実行は各自の責任でお願い致します。

←リミットスイッチ利用
←リミットスイッチ不使用



GCode



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[FABOOL Laser Mini]クロスライン刻印スクリプト

FABOOL Laser Miniでクロスライン(クロスヘアー)を刻印するスクリプト

記事を読む

FABOOL Laser Mini完成

先日到着したFABOOL Laser Miniを組み立てました。 組み立て開始から約4時間程か

記事を読む

no image

FABOOL Software パラメーターの数値

前回の「FABOOL Software パラメーターの順番」で、私がどのように加工の順番を指定し

記事を読む

レーザー加工機で簡易シルクスクリーン印刷

前回紹介したマスキングテープのカットを利用して、簡易的なシルクスクリーン印刷に挑戦してみました。

記事を読む

[FABOOL Laser Mini]位置決めしやすいように(その3)

位置決めをしやすいように、今度はレーザーカッターのヘッドにラインタイプのレーザーポインタを取り付

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑