モンベル ラップランドブーツを手に入れた

公開日: メモ

モンベル ラップランドブーツ

今まで使っていたトレッキングブーツの防水の効果が切れてしまって、雨の日に履いてでかけると中に浸水してしまうようになってしまったので、買い換えで、モンベルのラップランドブーツを購入しました。

購入したのは、大阪・八尾のモンベルショップ。
通販で買って足に合わなかったら最悪なので、実際に店舗に足を運んでフィッティングさせてもらって、ラップランドブーツ(ダークティール)に決めました。

ラップランドブーツ Men’s – モンベル

 

モンベル ラップランドブーツ

私の利用方法としては、本格的な登山では無く、近場の低山(生駒山とか)とかハイキング程度なので、あまりごつい登山靴では無く、軽くてミドルカットのこのブーツを選びました。

正直なところ、機能的な部分ではどれが良いのか悪いのか良くわからないし、予算もあまり無いので、モンベルのトレッキングブーツの中で一番安い物を買ったってのが実情w

 

モンベル ラップランドブーツ

カタログによると、このブーツには、ゴアテックスが採用されていたり、靴底は独自のトレールグリッパーと言う急勾配でも滑らないというものが採用されているらしいです。

そう言えば、モンベルでは靴底の修理のサービスなんかもやってるようなのですが、一部のブーツは非対応だとか。
このブーツはどうなんだろうか?見た感じ、靴底の張替えなんかには対応してなさそうですが、その辺のこと店員さんに聞くのを忘れてしまった・・・

 

モンベル ラップランドブーツ

 

 

サロモン トレッキングブーツ

ちなみに、こちらは今まで使っていたサロモンのトレッキングブーツ。

最近、この靴の防水加工が突然切れてしまったようで、雨の日に履いて出かけると、ちょっとした雨でもすぐに中まで浸水するようになってしまいました。

とは言え、10年近く使っているのでしょうがないですね。もう寿命なんでしょう。

サロモン トレッキングブーツ

あと、靴底も剥がれてしまっていて何度も接着剤で修復しては剥がれてを繰り返していたので、もう我慢も限界だ!と買い換えることにしたのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換えでパソコンのボリュームコントロ

記事を読む

IDIOM1にリアキャリアを取り付けてみた

GIANT IDIOM 1にリアキャリアを取り付けてみました。 これからの暑い季節、背中にリュ

記事を読む

自転車のチェーンを洗浄した話

最近ペダルを漕ぐとガラガラと変な異音が鳴るようになって来た。 そう言えば、前回スプロケットを清

記事を読む

BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの大きさを変えられるコントローラ

記事を読む

IDIOM1 グリップ交換

チクチク痛かったIDIOM1の純正グリップを、エルゴデザインなグリップに変更しました。 あと

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑