FABOOL Laser Miniにベルトテンショナー

公開日: レーザー加工機 |

私の使っているレーザー加工機 FABOOL Laser Miniの精度が悪くなってきているように感じる。
それでも、もともとそんなに精度は良くなかったので、気のせいかなと思っていたのですが、

ちょっと比較してみたところ

3mmの円形のカットを比較

左が1年以上前にカットした円で、右が最近切った円。どちらも2.5mmのMDFに3mm程の円を切り抜いた物です。

あきらかに円がいびつですよね?
気のせいかと思いましたが、やはり悪くなっていました。

 

原因は良く分からないのですが、これで良くなれば良いなと、余っていたベルトテンショナーを取り付けてみることにしました。

 

余っていたベルトテンショナー

余っていたベルトテンショナーがこちら。
以前、自作CNCに挑戦した時の余り物です。

 

X軸のベルトテンショナー

Y軸左のベルトテンショナー

Y軸右のベルトテンショナー

ベルトテンショナーは、各ベルトに1個ずつ。
それぞれ写真のような場所に取り付けて見ました。

さて、効果の程はどうでしょう・・・

 

ベルトテンショナー付ける前と後

この写真は、ベルトテンショナーを付ける前と後でレーザーの刻印を試した写真です。
左から1mm、2mm、3mm・・・10mmと、1mmずつ大きくした円です。
上が前で、下が後です。

これを見る限り、ベルトテンショナーを付ける前と後、殆ど結果が変わりません。
逆に悪くなった?

ちなみに、円がカクカクして見えるのは、たぶんFABOOL Softwareの処理で、円をいくつかの直線に変換されているからだと思われます。

 

と言う訳で・・・

結果、ベルトテンショナーの効果はほぼ無しでした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように(その2)

前回、FABOOL Laser Miniの加工の位置決めをしやすいように、ヘッドのカバーにレーザ

記事を読む

レーザー加工機を使ってプリント基板を作りました

ある日、YouTubeを見てると、レーザー加工機を使ってプリント基板(PCB)を作る方法が紹介さ

記事を読む

レーザー加工機で簡易シルクスクリーン印刷

前回紹介したマスキングテープのカットを利用して、簡易的なシルクスクリーン印刷に挑戦してみました。

記事を読む

FABOOL Laser Miniがやってきた

すこし前にクラウドファンディングで申し込んでいたレーザー加工機「FABOOL Laser Min

記事を読む

[FABOOL Laser Mini]境界確認スクリプト

すこし前に公開したクロスライン刻印スクリプトに続いて、今度は境界確認スクリプトを作ってみました。

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換え

BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの

12V電源

中古のWii用のアダプタが12V電源に良いと言う噂をききつけて買ってみ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測

PAGE TOP ↑