FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

公開日: レーザー加工機 |

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測定してみました。

 

シンワ測定 ダイヤルゲージ

測定に使ったのは、こちらのダイヤルゲージ。
0.01mmの変化が計測できる。

 

ダイヤルゲージスタンド

今回は、ダイヤルゲージだけ買ってスタンドは自作です。
いつも通り、MDFをレーザーで切り抜いて作りました。
底面には磁石を仕込んでいるので、加工ベッドにベタッと張り付きます。

 

ダイヤルゲージ

このダイヤルゲージの先端を、FLMのフレームに当てて、押したり戻したりして測定してみました。
具体的には、1mm押して1mm戻した時の誤差をX軸とY軸でそれぞれ計りました。

 

ダイヤルゲージ

上のPNG動画を見てもらえると分かると思いますが(動いて見えない人は対応しているブラウザで見て下さい)、1mm押して1mm戻してるので、理想は針が同じ数値を差すことなのですが、押した時は針が10辺りで、戻した時は25辺りで止まっています。

ちなみに、押したり戻したりのコントロールは、シリアルポートを開いて直接Gコードを送って操作しました。(実際には一連の操作を行える専用のソフトを作りました)

で結果はと言うと、X軸が0.05mm程、Y軸が0.15mm程でした。

X軸はわりと優秀な気がしますが、でもY軸は酷い気がします。
こんなに酷くてもMDFの切り抜きとか出来てるのが凄い気がする。

円がいびつになるのは、もしかするとY軸のバックラッシュが原因なのかも・・・?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

FABOOL Software パラメーターの数値

前回の「FABOOL Software パラメーターの順番」で、私がどのように加工の順番を指定し

記事を読む

[FABOOL Laser Mini]クロスライン刻印スクリプト

FABOOL Laser Miniでクロスライン(クロスヘアー)を刻印するスクリプト

記事を読む

[FABOOL Laser Mini]焦点距離と被写界深度の確認

※最初にお断りしておきますが、今回の私の方法はアバウトな計り方であくまでも目安。精密な距離や深度

記事を読む

レーザー加工機でマスキングテープをカット

マスキングテープをPCでデザインして好きな形にカットできれば、塗装用のマスクに使えて面白いんじゃない

記事を読む

レーザー加工機で簡易シルクスクリーン印刷

前回紹介したマスキングテープのカットを利用して、簡易的なシルクスクリーン印刷に挑戦してみました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換え

BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの

12V電源

中古のWii用のアダプタが12V電源に良いと言う噂をききつけて買ってみ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測

PAGE TOP ↑