FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

公開日: レーザー加工機 |

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測定してみました。

 

シンワ測定 ダイヤルゲージ

測定に使ったのは、こちらのダイヤルゲージ。
0.01mmの変化が計測できる。

 

ダイヤルゲージスタンド

今回は、ダイヤルゲージだけ買ってスタンドは自作です。
いつも通り、MDFをレーザーで切り抜いて作りました。
底面には磁石を仕込んでいるので、加工ベッドにベタッと張り付きます。

 

ダイヤルゲージ

このダイヤルゲージの先端を、FLMのフレームに当てて、押したり戻したりして測定してみました。
具体的には、1mm押して1mm戻した時の誤差をX軸とY軸でそれぞれ計りました。

 

ダイヤルゲージ

上のPNG動画を見てもらえると分かると思いますが(動いて見えない人は対応しているブラウザで見て下さい)、1mm押して1mm戻してるので、理想は針が同じ数値を差すことなのですが、押した時は針が10辺りで、戻した時は25辺りで止まっています。

ちなみに、押したり戻したりのコントロールは、シリアルポートを開いて直接Gコードを送って操作しました。(実際には一連の操作を行える専用のソフトを作りました)

で結果はと言うと、X軸が0.05mm程、Y軸が0.15mm程でした。

X軸はわりと優秀な気がしますが、でもY軸は酷い気がします。
こんなに酷くてもMDFの切り抜きとか出来てるのが凄い気がする。

円がいびつになるのは、もしかするとY軸のバックラッシュが原因なのかも・・・?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

FABOOL Laser Miniの精度(分解能)

FABOOL Laser Miniの精度(分解能)ってどのくらいなのだろう? 前回、ベルトテンショ

記事を読む

[FABOOL Laser Mini]焦点距離と被写界深度の確認

※最初にお断りしておきますが、今回の私の方法はアバウトな計り方であくまでも目安。精密な距離や深度

記事を読む

FABOOL Laser Mini 組み付け精度チェック

FABOOL用の精度チェックデータが公開されていたので試してみました。 公開されているデータは

記事を読む

FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように

FABOOLのレーザー加工のソフトには、加工の範囲を確認するための「境界確認」と言う機能がありま

記事を読む

[FABOOL Laser Mini]境界確認スクリプト

すこし前に公開したクロスライン刻印スクリプトに続いて、今度は境界確認スクリプトを作ってみました。

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑