FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

公開日: レーザー加工機 |

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測定してみました。

 

シンワ測定 ダイヤルゲージ

測定に使ったのは、こちらのダイヤルゲージ。
0.01mmの変化が計測できる。

シンワ測定 ダイヤルゲージ 標準型 0.01mm/10mm 73750 – Amazon

 

ダイヤルゲージスタンド

今回は、ダイヤルゲージだけ買ってスタンドは自作です。
いつも通り、MDFをレーザーで切り抜いて作りました。
底面には磁石を仕込んでいるので、加工ベッドにベタッと張り付きます。

 

ダイヤルゲージ

このダイヤルゲージの先端を、FLMのフレームに当てて、押したり戻したりして測定してみました。
具体的には、1mm押して1mm戻した時の誤差をX軸とY軸でそれぞれ計りました。

 

ダイヤルゲージ

上のPNG動画を見てもらえると分かると思いますが(動いて見えない人は対応しているブラウザで見て下さい)、1mm押して1mm戻してるので、理想は針が同じ数値を差すことなのですが、押した時は針が10辺りで、戻した時は25辺りで止まっています。

ちなみに、押したり戻したりのコントロールは、シリアルポートを開いて直接Gコードを送って操作しました。(実際には一連の操作を行える専用のソフトを作りました)

で結果はと言うと、X軸が0.05mm程、Y軸が0.15mm程でした。

X軸はわりと優秀な気がしますが、でもY軸は酷い気がします。
こんなに酷くてもMDFの切り抜きとか出来てるのが凄い気がする。

円がいびつになるのは、もしかするとY軸のバックラッシュが原因なのかも・・・?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

FABOOL Software パラメーターの順番

例えばこんな加工データでMDFを切りたい場合、 私は、ネジ穴やはめ込み穴を先に抜いた後に、それ

記事を読む

ミニアームライトを作りました

小さい折りたたみテーブルの上で使えるようなスタンドライトが欲しいなと思い、小さなアームライト

記事を読む

FABOOL Laser Miniの精度(分解能)

FABOOL Laser Miniの精度(分解能)ってどのくらいなのだろう? 前回、ベルトテンショ

記事を読む

no image

FABOOL Laser miniのドライバーのこと

以前までは、オンライン版しか無かったFLMを操作するアプリが、最近になってオフラインにも対応されまし

記事を読む

FABOOL Laser Mini 位置決めしやすいように(その2)

前回、FABOOL Laser Miniの加工の位置決めをしやすいように、ヘッドのカバーにレーザ

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 ファンを交換
Ender-3 とにかくうるさいFANを交換

最近、Ender-3のファンから異音が鳴り響くようになってしまいました

Ender-3に断熱材を
Ender-3 断熱材

他の人のEnder-3動画を見ていて、ヒートベッドの下に断熱材を入れて

Ender-3 シート張り替え
Ender-3 傷んだビルドシートを張り替え

Ender-3を買ってから約2ヶ月、いつも中心でばかりでプリントし

Maker御用達 とても便利な電子部分テスター LCR-T4

先日、LCR-T4と言う電子部品のテスターを買いました。 日本の

no image
Ender-3 プリント終了を音で知らせる

Ender-3はスピーカーが標準で搭載されている。 ダイアルをプッシ

PAGE TOP ↑