BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

公開日: メモ | , ,

BrashKnob

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの大きさを変えられるコントローラーです。

ノブとスイッチが1つづつ付いているだけのシンプルなコントローラー。

PCとの接続はUSBで行いますが、キーボード(HID)として認識されるので特別なドライバーは不要。

ノブを時計回りへ回すと "[" キー、反時計回りへ回すと "]"キー、ボタンを押すと "e"キーと"b"キーが交互に入力されます。
これをPhotoshop起動中に行うとノブでブラシの大きさが変わり、ボタンでブラシと消しゴムの切り替えが出来る。

ハードウェアの回路図やソフトウェアのソースがGPLライセンスで公開されているので、誰でも作ることが可能。

開発は上航さんが行っていて、以前は販売もされていたようですが、現在売り切れ中で再販の予定は無いそうです。

参考リンク)

上航さん公式ページ(?)
https://kmwtr.xyz/

BrushKnob販売ページ
https://store.chinchilla.systems/blog/2016/12/18/173618

BrushKnob Githubページ(回路図やソースはここから入手可能)
https://github.com/kmwtr/BrushKnob

 

と言う訳で、そんなBrushKnobをレーザー加工機を使って作ってみました。

底面の位置合わせ

筐体確認

BrashKnob

BrashKnob

筐体のデザインはオリジナルの物に似せて作りました。
オリジナルのBrushKnobは筐体がアクリル、ノブはアルミ削り出しで作られていて、とても高級感のあるコントローラーですが、私はチープにMDFをカットして作っています。
回路の基板(PCB)も自作。
でも、その分、かなり安く作ることができました。

あと、失敗と言うか何と言うか・・・しょうがないことですが、MDFをレーザーでカットして作っているので、これを握って操作していると手に匂いが付いてしまい、これが結構臭いです(´・ω・`)

 

次ページには作成した流れを書いています。

次ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Garmin tempeを買ってみた

Garmin tempeと言う温度センサーを買ってみました。 この温度センサーがあればGarm

記事を読む

SPDペダル PD-M540

少し前に購入した、SHIMANOのビンディングペダル PD-M540   PD

記事を読む

RICOH THETA m15

RICOHの全天球写真が撮れるデジタルカメラを買いました。 買ったのは、発売されたばかりの T

記事を読む

LEDライト CATEYE HL-EL460RC(VOLT300)

LEDライト CateyeのVOLT300(HL-EL460RC)を買いました。 今まで自転車

記事を読む

タープを買ったので試し張りに行ってきた

この秋はキャンプに行きまくろうと思い、日よけ雨よけ用にタープを買いました。 買ったのは、モンベ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換え

BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの

12V電源

中古のWii用のアダプタが12V電源に良いと言う噂をききつけて買ってみ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測

PAGE TOP ↑