BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

公開日: メモ | , ,

BrashKnob

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの大きさを変えられるコントローラーです。

ノブとスイッチが1つづつ付いているだけのシンプルなコントローラー。

PCとの接続はUSBで行いますが、キーボード(HID)として認識されるので特別なドライバーは不要。

ノブを時計回りへ回すと “[” キー、反時計回りへ回すと “]“キー、ボタンを押すと “e“キーと”b“キーが交互に入力されます。
これをPhotoshop起動中に行うとノブでブラシの大きさが変わり、ボタンでブラシと消しゴムの切り替えが出来る。

ハードウェアの回路図やソフトウェアのソースがGPLライセンスで公開されているので、誰でも作ることが可能。

開発は上航さんが行っていて、以前は販売もされていたようですが、現在売り切れ中で再販の予定は無いそうです。

参考リンク)

上航さん公式ページ(?)
https://kmwtr.xyz/

BrushKnob販売ページ
https://store.chinchilla.systems/blog/2016/12/18/173618

BrushKnob Githubページ(回路図やソースはここから入手可能)
https://github.com/kmwtr/BrushKnob

 

と言う訳で、そんなBrushKnobをレーザー加工機を使って作ってみました。

底面の位置合わせ

筐体確認

BrashKnob

BrashKnob

筐体のデザインはオリジナルの物に似せて作りました。
オリジナルのBrushKnobは筐体がアクリル、ノブはアルミ削り出しで作られていて、とても高級感のあるコントローラーですが、私はチープにMDFをカットして作っています。
回路の基板(PCB)も自作。
でも、その分、かなり安く作ることができました。

あと、失敗と言うか何と言うか・・・しょうがないことですが、MDFをレーザーでカットして作っているので、これを握って操作していると手に匂いが付いてしまい、これが結構臭いです(´・ω・`)

 

次ページには作成した流れを書いています。

次ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Wiggleで買い物した話

  Wiggleとは、イギリスにある自転車用品の通販会社です。 同様の会社として、Ch

記事を読む

ビワイチの認定証が届きました

先日走ったビワイチの認定証が届きました。 この認定証は輪の国びわ湖推進協議会が発行している認定

記事を読む

リアキャリア有りで輪行の練習

キャリア+サイドバッグがすっかり気に入ってしまったので、輪行袋にキャリアが一緒に入るか試してみま

記事を読む

GIANT IDIOM フェンダー

IDIOM1に取り付けたフェンダー(泥よけ) フェンダーを取り付けたのはIDIOM1を購入して

記事を読む

GoProヘルメットマウントを自作した話

以前買ったGoProですが、ハンドルにマウントして撮影してみると自転車の振動が結構気になりました

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 ファンを交換
Ender-3 とにかくうるさいFANを交換

最近、Ender-3のファンから異音が鳴り響くようになってしまいました

Ender-3に断熱材を
Ender-3 断熱材

他の人のEnder-3動画を見ていて、ヒートベッドの下に断熱材を入れて

Ender-3 シート張り替え
Ender-3 傷んだビルドシートを張り替え

Ender-3を買ってから約2ヶ月、いつも中心でばかりでプリントし

Maker御用達 とても便利な電子部分テスター LCR-T4

先日、LCR-T4と言う電子部品のテスターを買いました。 日本の

no image
Ender-3 プリント終了を音で知らせる

Ender-3はスピーカーが標準で搭載されている。 ダイアルをプッシ

PAGE TOP ↑