BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

公開日: メモ | , ,

BrashKnob

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの大きさを変えられるコントローラーです。

ノブとスイッチが1つづつ付いているだけのシンプルなコントローラー。

PCとの接続はUSBで行いますが、キーボード(HID)として認識されるので特別なドライバーは不要。

ノブを時計回りへ回すと "[" キー、反時計回りへ回すと "]"キー、ボタンを押すと "e"キーと"b"キーが交互に入力されます。
これをPhotoshop起動中に行うとノブでブラシの大きさが変わり、ボタンでブラシと消しゴムの切り替えが出来る。

ハードウェアの回路図やソフトウェアのソースがGPLライセンスで公開されているので、誰でも作ることが可能。

開発は上航さんが行っていて、以前は販売もされていたようですが、現在売り切れ中で再販の予定は無いそうです。

参考リンク)

上航さん公式ページ(?)
https://kmwtr.xyz/

BrushKnob販売ページ
https://store.chinchilla.systems/blog/2016/12/18/173618

BrushKnob Githubページ(回路図やソースはここから入手可能)
https://github.com/kmwtr/BrushKnob

 

と言う訳で、そんなBrushKnobをレーザー加工機を使って作ってみました。

底面の位置合わせ

筐体確認

BrashKnob

BrashKnob

筐体のデザインはオリジナルの物に似せて作りました。
オリジナルのBrushKnobは筐体がアクリル、ノブはアルミ削り出しで作られていて、とても高級感のあるコントローラーですが、私はチープにMDFをカットして作っています。
回路の基板(PCB)も自作。
でも、その分、かなり安く作ることができました。

あと、失敗と言うか何と言うか・・・しょうがないことですが、MDFをレーザーでカットして作っているので、これを握って操作していると手に匂いが付いてしまい、これが結構臭いです(´・ω・`)

 

次ページには作成した流れを書いています。

次ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

GIANT IDIOM チェーンリングガード

IDIOM1に乗るとき、ズボンの裾が気になるので、チェーンリングガードを取り付けてみました。

記事を読む

GoProに64GBメディア

GoPro用に64GBのSDカードを買ってみた。 他でSDカードが必要になったので、今までGo

記事を読む

GoProヘルメットマウントを自作した話

以前買ったGoProですが、ハンドルにマウントして撮影してみると自転車の振動が結構気になりました

記事を読む

Garmin eTrex30の設定メモ

 何かの拍子に間違って設定を初期化してしまって、 そしたら前に設定したことが思い出せず以

記事を読む

ミノウラのクランプ2種

ミノウラのクランプ2種類を比べてみました。 右側の物は、スペースマウント SM-2229 左

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑