BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

公開日: メモ | , ,

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換えでパソコンのボリュームコントローラーにすることができます。

ノブを回して音量を上げたり下げたり、ボタンを押してでミュートと言った具合にコントロールができるようになります。

 

プログラムの書き換え

V-USB

BrushKnobは、V-USBと言うAVR用のUSBライブラリが使われています。
V-USBを使ったデバイスは他にも多く開発され公開されています。

 

USB Volume control

その中でも、USB Volume controlのと言うデバイスは、BrushKnobと似た回路でできています。
ピンの接続が若干違うだけなので、ソースを少し修正するだけでBrushKnobで動作させることができます。

今回は、USB Volume controlの公開されているソースのVer3に含まれるTiny85用を修正しました。

ソースの修正箇所は2カ所で

encoder.hの9~11行

usbconfig.hの33行

encoder.hではロータリーエンコーダーの接続ピンの変更、usbconfig.hではUSBのD-端子の接続ピンを変更しています。

修正したソースをコンパイルし、hexファイルを作成して、それをBrushknobのTiny85に書き込みます。
尚、このソースは、AVR studio5.0用ということで、コンパイルにはAVR studio5.0が必要です。

私は間違えて5.1を入れてしまいましたが、5.1でもコンパイル可能でした。

 

自作BrushKnobはISP端子を省略して作っているので、プログラム書き換えの為に分解します。

 

AVRISPmk2を使ってTiny85のプログラムをVolume Controlの物に書き換えました。
しかし、何故かコンパイルに使ったAVR Studio 5.1でもAVRISPmk2が認識されない問題が発生して、書き込みにはまたAtmel Studio 7.0を使いました。

 

書き換えたTiny85を戻して、再び組み立てればPCの音量コントローラーの出来上がりです。
このデバイスもPCに接続するだけで認識されました。

 

今まではパソコンで音量をコントロールするのに、(私の場合)システムトレイのボリュームコントローラーを開いて調節していましたが、今回作ったVolume Controlはノブを回すだけで音量を調節できて、とても便利。

なので、Volume Control専用にBrushKnobをもう1つ作りたいなと思っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

HL-EL540をUSBモバイルバッテリーで充電する

CATEYEのHL-EL540は、充電回路が内蔵されていて、ACアダプターを繋ぐだけで中の電池を

記事を読む

ESCAPE RX3にパニアバッグを取り付ける

ESCAPE RX3に、オーストリッチのパニアバッグ(P-225)を取り付けました。 キャリア

記事を読む

激安パンク修理セット

いつも使ってるパンク修理セットです。 なんと50円!安いにも程がある! 売ってるのは大阪府八

記事を読む

TIOGAのリアキャリア

先日買ったドイターのサイドバッグを取り付ける為に、TIOGAのリアキャリアを購入 アルミの中空

記事を読む

IDIOM1のコラムをカットした話

以前からハンドルのステムから上の付きだしてる部分が気になってて、切りたいなと思っていました。

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑