BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

公開日: メモ | , ,

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換えでパソコンのボリュームコントローラーにすることができます。

ノブを回して音量を上げたり下げたり、ボタンを押してでミュートと言った具合にコントロールができるようになります。

 

プログラムの書き換え

V-USB

BrushKnobは、V-USBと言うAVR用のUSBライブラリが使われています。
V-USBを使ったデバイスは他にも多く開発され公開されています。

 

USB Volume control

その中でも、USB Volume controlのと言うデバイスは、BrushKnobと似た回路でできています。
ピンの接続が若干違うだけなので、ソースを少し修正するだけでBrushKnobで動作させることができます。

今回は、USB Volume controlの公開されているソースのVer3に含まれるTiny85用を修正しました。

ソースの修正箇所は2カ所で

encoder.hの9~11行

usbconfig.hの33行

encoder.hではロータリーエンコーダーの接続ピンの変更、usbconfig.hではUSBのD-端子の接続ピンを変更しています。

修正したソースをコンパイルし、hexファイルを作成して、それをBrushknobのTiny85に書き込みます。
尚、このソースは、AVR studio5.0用ということで、コンパイルにはAVR studio5.0が必要です。

私は間違えて5.1を入れてしまいましたが、5.1でもコンパイル可能でした。

 

自作BrushKnobはISP端子を省略して作っているので、プログラム書き換えの為に分解します。

 

AVRISPmk2を使ってTiny85のプログラムをVolume Controlの物に書き換えました。
しかし、何故かコンパイルに使ったAVR Studio 5.1でもAVRISPmk2が認識されない問題が発生して、書き込みにはまたAtmel Studio 7.0を使いました。

 

書き換えたTiny85を戻して、再び組み立てればPCの音量コントローラーの出来上がりです。
このデバイスもPCに接続するだけで認識されました。

 

今まではパソコンで音量をコントロールするのに、(私の場合)システムトレイのボリュームコントローラーを開いて調節していましたが、今回作ったVolume Controlはノブを回すだけで音量を調節できて、とても便利。

なので、Volume Control専用にBrushKnobをもう1つ作りたいなと思っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの大きさを変えられるコントローラ

記事を読む

Wiggleで買い物した話 その2

前回のWiggleで買い物した話の次に、もう一度Wiggleで買い物した話。 今度は、クロネコ

記事を読む

GoPro買いました

増税前の駆け込みって奴なので約1ヶ月前のことですが、GoPro買いました。 僕が買ったのは、G

記事を読む

スプロケ洗浄

ESCAPE RX3のリアのスプロケットの汚れがあまりにも酷いので清掃しました。 スプロケ

記事を読む

Wiggleで買い物した話

  Wiggleとは、イギリスにある自転車用品の通販会社です。 同様の会社として、Ch

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換え

BrushKnob(ブラシノブ)を作ってみた

BrushKnob(ブラシノブ)は、Photoshop等のブラシの

12V電源

中古のWii用のアダプタが12V電源に良いと言う噂をききつけて買ってみ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュ

FABOOL Laser Miniのバックラッシュがどの程度なのか、測

PAGE TOP ↑