Ender-3 ケースファンの回転問題とABSプリント対策

公開日: 3Dプリンタ |

Ender-3のコントローラー基板が格納されているケースには、熱を逃す為のファンが付いています。上の写真がそうです。

これは電源投入直後、一瞬だけ回ってその後すぐに止まります。
でも、プリント中に見てみると、ちゃんと回っている。

このことから最初、ケース内の温度によって回転を制御してる?のかと思ったのですが

そうではありませんでした。

 

実はケースのファンは、フィラメント冷却用のファンと連動していました。

Ender-3のヘッドには2つのファンが付いています。
1つはノズルを冷却するファンと、もう一つはフィラメント冷却用のファン。
ノズル冷却用のファンは電源を入れるとずっと回りっぱなし。
フィラメント冷却用のファンは、コントローラーで回転数が制御され、プリントしていない時は止まっていて、プリント中はスライサーの設定に依存して回転します。

で、Ender-3はフィラメント冷却用のファンが回るとケースファンも回る、フィラメント冷却用のファンが止まればケースファンも止まると言う具合。

このことは、ABSのフィラメントで造形する時にちょっと問題となります。

PLAだと冷却しながらプリントすると綺麗に仕上がったりしますが、ABSは反りやすいので急冷を避けるために風をあまり当て無い設定にることが良くあります。

ですが、Ender-3ではフィラメント冷却用のファンを止めるとコントローラー基板を冷却するためのファンも止まってしまうと言う・・・

なんでこんな設計なん?

 

ABSプリント時の対策

しょうがないので、その場しのぎではありますが・・・

フィラメント冷却用のファンのダクトが取り外しできるようなので外しました。
そして、さらに逆向きに取り付けてみました。

これで、射出されたフィラメントに直接風があたることが無くなりました。
なのでスライサーの設定は、冷却全開にできます。

 

あと、ノズルを囲うケースの開口部が下に大きく開いていて、ノズル冷却ファンの風がかなり下に吹いています。
これも少しでも和らげる為、下側に紙で風防を作って磁石で貼り付けて、下方向への風を遮断してみました。
下手するとノズル詰まりの原因にもなりますが、他にも空気が逃げる隙間はあるので、大丈夫かなという判断。

 

そして、この対策の前と後で比較してみました。
使ったのは有名な 3DBenchy

#3DBenchy – The jolly 3D printing torture-test by CreativeTools.se – Thingiverse

 

右がbefore、左がafter
同じGCodeファイルで出力しました。
底面の反りはとても改善されました。

これも、右がbefore、左がafter
天井の内側は、対策前の方がきれいに出てる感じ。
対策後は少しフィラメントが崩落しています。

 

その他の見た目は、殆どどちらも同じ感でした。

と言う訳で以上です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

GoPro ヘルメットマウント2

前回作った自転車用ヘルメットにカメラを取り付けるマウントのGoPro版を作ってみました。 3D

記事を読む

3Dプリンタ、冬支度

今年は11月に入っても暖かい日が続いていて、ここ数日でやっと平年並みに気温が下がりましたね。 しか

記事を読む

ガーミン、ゴープロ、カメラのハンドルバーマウント作成

今度はCATEYEのハンドルバーマウントのパーツを作ってみました。 作りたかったのはGarmi

記事を読む

バカ殿マウント?

今回もまた3Dプリンターでの製作です。 自転車用ヘルメットにカメラをマウントするパーツを作りま

記事を読む

Ender-3 Vスロットのプーリーの摩耗が激しいので調整

ふと見るとX軸のVスロットのプーリー(ローラー、タイヤ)に筋が入っていました。 え?と思って、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Ender-3 ケースファンの回転問題とABSプリント対策

Ender-3のコントローラー基板が格納されているケースには、熱を

Ender-3 Vスロットのプーリーの摩耗が激しいので調整

ふと見るとX軸のVスロットのプーリー(ローラー、タイヤ)に筋が入っ

格安3Dプリンター Creality Ender-3

最近、2台目となる3Dプリンターを買いました。 買ったのは、サイ

AVRライターの作成

AVRライターを作ってみました。 今回も自分で設計したのではなく

BrushKnobでパソコンの音量をコントロール

前回作ったBrushKnobは、ファームウェア(プログラム)の書き換え

PAGE TOP ↑