Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

公開日: 3Dプリンタ |

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホルダーに入らなくて困ったので、スプールホルダーをM8サイズのボルトに変更しました。

 

Ender-3のもともとのスプールホルダーは、上の写真のようなプラスチックのパイプです。
これがまた、太くて短いのです。

 

Ender-3付属のスプールのままだと、昔買った手持ちのいくつかのフィラメントが、穴が小さくて入らなかったり、長さが足りなかったり・・・
こんな状態なので、BS01の真似をして、ボルト+パイプの組み合わせのスプールホルダーにする為のアダプターを作りました。

M8ボルトのスプールホルダーの材料は、Ender-3でプリントしたアダプター、M8サイズの長さ150mmのボルト(全ネジ)、ナット3つ、ワッシャー3つ。
そして、アルミのパイプは、100均のセリアで買った物をパイプカッターで切った物です。

 

アダプターをネジで締めて

アルミのパイプを通して、端はワッシャーをナット2つで締め込む。
これだけで出来上がりです。

 

これでなんとか、昔買ったフィラメントをEnder-3にセットして使うことができるようになりました。

とは言え、フィラメントを買うときは、使われているスプールにも気をつけたほうが良いですね。

このような径の小さいスプールだと、最後のほうはフィラメントの撒き癖がもの凄いです。
あと、写真では分かりにくいですが、無理矢理巻いてるからかフィラメントが曲がって白く変色しちゃったりしています。
なので、フィラメントを買う時は、スプールの径が大きいものを選ぶようにしたいですね。

 

と言う訳で、今回作ったスプールホルダーのM8ボルト化のアダプターのデータはThingiverseにアップしていますので、スプールホルダーが合わなくてお困りの方、ご自由にお使い下さい。

Ender-3 Spool holder replace to M8Bolt adapter – Thingiverse

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

GoProマウントを作ってみた

3Dプリンタを使って自転車にGoProを取り付ける為のマウントを作ってみました。 上の画像は、

記事を読む

Ender-3 Vスロットのプーリーの摩耗が激しいので調整

ふと見るとX軸のVスロットのプーリー(ローラー、タイヤ)に筋が入っていました。 え?と思って、

記事を読む

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドストップから光学式(オプティカル)

記事を読む

Ender-3 cable pillar

Ender-3のホットエンドのケーブルを固定する支柱となる部品を作ってみました。  

記事を読む

Ender-3 ファンを交換

Ender-3 とにかくうるさいFANを交換

最近、Ender-3のファンから異音が鳴り響くようになってしまいました。 たぶん、ベアリング(?)

記事を読む

この記事へのコメントの受付は終了しました。

Ender-3 ファンを交換
Ender-3 とにかくうるさいFANを交換

最近、Ender-3のファンから異音が鳴り響くようになってしまいました

Ender-3に断熱材を
Ender-3 断熱材

他の人のEnder-3動画を見ていて、ヒートベッドの下に断熱材を入れて

Ender-3 シート張り替え
Ender-3 傷んだビルドシートを張り替え

Ender-3を買ってから約2ヶ月、いつも中心でばかりでプリントし

Maker御用達 とても便利な電子部分テスター LCR-T4

先日、LCR-T4と言う電子部品のテスターを買いました。 日本の

no image
Ender-3 プリント終了を音で知らせる

Ender-3はスピーカーが標準で搭載されている。 ダイアルをプッシ

PAGE TOP ↑