Ender-3 optical limit switch

公開日: 3Dプリンタ |

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドストップから光学式(オプティカル)エンドストップに取り替える為に、販売されているOptoEndstop用のマウントを作りました。

 

リミットスイッチと言うのは、3DプリンターのXYZ軸の端を検出するセンサーのことで、もともとEnder-3にはマイクロスイッチを利用したエンドストップが採用されています。
これを、赤外線のフォトインタラプタ(通過型光センサ)を利用したエンドストップに取り替えます。

↑これが取り替えるエンドストップ

6pcs/lot Optical Endstop Light Control Limit Switch For RAMPS 1.4 Board 3D Printers Parts with 3 Pin Cable Red Part Accessories – AliExpress

AliExpressで買いました。
6個で$4ちょっと、これにトラッキング付けて$5ちょいで買いました。

 

で、取り替えて何が変わるのか・・・

ホーミングの際に、ちょっと静かになります。
ただそれだけと言ってしまえばそれまでですが・・・

Ender-3はY軸でテーブルが動くのですが、ホーミングの際に重いテーブルがメカニカルエンドストップにぶつかって止まる訳で、結構な衝撃音があるのです。ドン!って。
スイッチが押されるのとぶつかるのがほぼ同時なんで、モーターが止まるの間に合わないんでしょうね・・・

これが、非接触のオプティカルエンドストップに変更すると、停止の際のぶつかる衝撃がなくなるので、静かに止まってくれるようになります。

 

↑X軸

↑Y軸

↑Z軸

一応3軸全部の交換用パーツを作りましたが、Z軸は移動速度が遅いので衝撃は小さいので高さ調節の手間を考えると不要かと思います。
試される方は、X軸とY軸のみの変更をお勧めします。
あと私は今後、Z軸にオートレベリングのセンサーを付けるつもりなので、その意味でもZ軸は不要でした。

 

と言う訳で、

いつも通りThingiverseにデータをアップしておきましたので、ご自由にお使い下さい。

Ender-3 Opto Endstop – Thingiverse

ちなみに、これはノーマルのEnder-3用で、Ender-3ProとかCR**とかには使えないと思います。
多分、Y軸のインタラプターの取り付けが出来ないと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Ender-3 ケースファンの回転問題とABSプリント対策

Ender-3のコントローラー基板が格納されているケースには、熱を逃す為のファンが付いています。

記事を読む

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換えが避けられない。 ので、今回

記事を読む

GoPro ヘルメットマウント2

前回作った自転車用ヘルメットにカメラを取り付けるマウントのGoPro版を作ってみました。 3D

記事を読む

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stackは、ESP32(Arduino

記事を読む

格安3Dプリンター Creality Ender-3

最近、2台目となる3Dプリンターを買いました。 買ったのは、サインスマートが販売しているCre

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Ender-3 firmware

Ender-3の機能を拡張しようと思うと、ファームウェアの書き換え

Ender-3 SD card

Ender-3ではmicroSDカードにデータ(GCodeファイル

M5Stackを自転車へ

少し前に、M5Stackと言うものを買いました。 M5Stack

Ender-3 optical limit switch

Ender-3のリミットスイッチを、機械式(メカニカル)エンドスト

Ender-3 スプールホルダーをM8ボルトに変更

昔買ったフィラメントをEnder-3で使おうと思ったら、スプールホ

PAGE TOP ↑